読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴょん記

まじめにはたらく

帰りは雨降り

 いまにも雨粒の落ちてきそうな空のした、やっときたバスに乗って上野側へ下る。電車もバスも、目の前にきた函に乗る、または、止まっている函めがけて自分の身体を押し込むものだ。軌道があるかないかだけなのに、バスは電車に比べてとても頼りなく感じられる。来週?そうだな、これたらくるよ、といって玄関口で厚底の長靴(ながぐつではなくちょうかだ。)を履いて出て行く、じぶんのうちのほかにも立ち回り先と食事を用意して待っている女が何軒もいるねこのようなあてにならなさだ。もっとも、これはバス一般にわたしがおもうことで、病院のバスはだいたい定刻に来て、病人と付添人を満載して大きな駅へ向かう。

 『昭和元禄落語心中』で、八雲師匠が倒れてから前にもまして忙しくなった助六師匠が浅草から地下鉄に勢い込んで乗り込んでやっとの思いでついてきた「先生」と束の間ことばを交わし、そして上野あたりで降りていくシーンがある。ものがたりのラストシーン、この「先生」と主要登場人物の幾人かとの思いがけぬ関わりが明かされ、同時に読者そのものが一種の「信用できない語り手」に知らぬ間に仕立てられていたことが白日のもとに晒される。これからアニメで、あるいは原作の漫画本でそれを知るひとがうらやましい。

 髙島屋の寿司売場で、おいなり、ばってら、太巻きアラカルト。次の通院まで、またしばらくデパートには寄らない。上りの階段は、まあ平気。下りの階段は、後ろから勢いよくやってくる人に接触しないように、荷物を前のほうにかざして、手すりをたぐりながら注意深く歩を進める。

バスに揺られて

  いつもD大学の医学部附属病院へは車で往復する。平日の朝、通勤する家族と途中までは一緒だ。でも、今朝は、血液検査などなかったので、朝、家族を送り出してから、自分もゆっくり家を出た。バスで都心まで出るためだ。はじめは途中で一度バスを乗り換えるつもりだったが、出る間際に総武本線で何らかの遅延要素が発生したとツイッターで教えられたので、乗り換えなしのコースに変更した。窓から見えるバス停じゃなくて、大通りの方のバス停へ。まあ、がんばって歩いた。脚と肺にトラブルを抱えている身では、その日しばらく歩いてみるまでは、自分の調子のよしあしさえ分からない。しかもわたしはたとえば吸って吐いてを3回すべきところを吸って吐いて2回ですませるような癖がある。これは歩行者としては重大な弱点となる。とにかく、その遠いほうのバス停への数百メートルが難なく歩けるのかそれともかなりきついのか、そのときでなければわからない。

   さて、バスには、小一時間乗っていた。春先の、雨が降りそうな雲行きのあやしさ。おじいさんおばあさんがたくさん乗ってくる。老いていないひともけっこうそれなりに。通勤路線でもあり、通院に使われるバスの路なのだろう。深川から清洲橋通りを抜けて日本橋浜町へ。岩本町から神田をぐるっと回って。さすがに終点までは乗らずにそこからはタクシーさんに頼った。この辺りは、このごろ初乗り1052メートル410円である。f:id:e_pyonpyon21:20170306105256j:image

すっとするシャワージェル。

取引の実態

 夜中までかかって自分の仕事を済ませて、それからおもむろに「家業」の手伝いに取りかかる。商いというものには、つらいことも多い代わりにうれしいこともほどほどにある。知識ってなんだろうやさしさってどんなのだろうと考える傍らを、さらさらと商品や役務、お金のかたまりが流れてきては視界から消えることを繰り返していく。自分というものも、一応は経済主体のひとつである筈だけど、稼ぎも多くないし高いものやサービスに手を出すことも殆どない、できのわるいほうのプレイヤーであることよと感じる。それでも揚げたてのドーナツはおいしいし、スーパーマーケットで手に取る新鮮な野菜や発売されたてのドレッシングには心がときめく。そういう春である。

f:id:e_pyonpyon21:20170226130536j:plain

脱水者の午は茶飲み

 およそ4週間に1回の内科の診察では、しばしば脱水状態にあるとの指摘を受ける。お茶や水などかなりよく摂るほうだし、1日に経口で身体に入れる水分は軽く2リットルは超えるとおもうのだけれど、プロの見立てでそう言われるのだから、きっと実際に脱水を起こしているのだろう。言われてみれば、たしかに寝る前数時間は以前よりもずっと水分を摂らないようにはなっている。予防的に。膀胱が古くなって夜中に手洗いに起きる回数が1以上になると、なるべく継続して眠りたいものだから、寝る前はあまりお茶を飲まないようにするというのは人情だろう。同世代の人はいったいいまどんな感じなのだろうか。

 きのうはネットスーパーで紅茶やフレーバーティーやちょっと薬膳めいたお茶など買って、同じくネット注文で届いた雑誌のお茶特集を読んだ。マリアージュフレールの黒い缶のなどいいなあと思いながら、クリッパーの花の紅茶を注文した。

 

BRUTUS(ブルータス) 2017年 3/15号[新しいティーカルチャー。]

BRUTUS(ブルータス) 2017年 3/15号[新しいティーカルチャー。]

 

  ふだんは焙じ茶と煎茶をたくさんのんでいたけど、これから紅茶ものむようにしよう。

届けばそれだけでありがたい

 うちは世帯数の多い集合住宅なので、宅配便の集荷依頼をネット経由で出すと、たいてい15分以内にはエントランスではなく住戸の呼び出しベルが鳴る。どこかのうちに荷物を届けるためにエントランスを通過して住宅内を動き回っている荷物カートを連れた配達員の人がセンターからの連絡を受けて来てくれるからだ。きのうは親族に出す荷物だったけれど、わたしの出す(そして受け取る)宅配便の荷物は圧倒的に仕事関係が多い。病気のために、デパートを10分うろついただけでときに足腰がへろへろになることもあるわたしにとって、宅配便の人が資料をもってきて運んでいってくれることで、普段の仕事は格段にらくになる。それはとてもありがたいことなんにゃけど、そのY運輸さんが目下どうにもこうにも困った事態という。

 アマゾンさんのPrime Nowのキャリアがどこかはしらないけれど、運輸業の物的人的なインフラストラクチャとしての側面だけでなく、そこで働く皆さんの人権や幸福を思うとき、そのへんをぜんぶ市場原理に任せておいてよろしいのかと。

 ちなみにアマゾンさんが日本郵便さんの「ゆうパケット」で出したアマゾンプライムでの買いものは、3月1日発売のところ、2月25日注文の、3月2日13時52分にポスト投函だった。このくらい緩くても、わたしはそれほど困らない。

f:id:e_pyonpyon21:20170215113551j:plain

雨降りまえの水曜

 食品宅配とネットスーパー、宅配便が五月雨式に届く午後だったので、納品後のむしょうに眠い日であったけれども日中はうたた寝もできずじまい。夕食をすませてからすぐ寝て、起きて寝て、夜中の3時に目を覚ました。右脇腹の帯状疱疹後疼痛がややひどいのでくすりをのもうと思うが、事後的にでも胃になにか収めたほうがよろしかろうと、くすりをのんでから、りんご(たぶん、青森産の「こうこう」。)を四つ割りにして、芯をとり、皮のついたままで囓る。4時すぎにまた寝て、6時半になってから、気力を振り絞って台所に立って朝食の準備。

f:id:e_pyonpyon21:20170215113418j:plain

 (進々堂京大北門店は、たいへん暖房がよく効いていました。)

 

よしながふみ『大奥』14巻

 都合により週末に洗濯とアイロン掛けをしなかったので(いっそのこと、「できなかったので」と潔く表記したほうがいいのか。)、火曜は電子的方法で納品したあと、そうした一連の家事労働(加重的。)。午前中の作業で、わたしにしてはめずらしく、目とあたまをこれでもかこれでもかと酷使する場面が続いたので、湿らせたシャツの襟口に固形石鹸をすりつけて泡立て、それから洗濯機の渦の中に投じるようなことをして気散じをしていた。

 夕方になって、よしながふみ『大奥』14巻と、flowers4月号が到着。前巻で勢州様こと阿部正弘が若年の家定のもとへのちに大奥総取締となる瀧山を連れてきた。阿部正弘と家定が女性で、瀧山は男性である。そして、14巻では、家定の3人目の御台所近衛胤篤が登場する。男女逆転大奥を形成する大きな原因となった赤面疱瘡の問題が決着したので、13巻あたりからは、純粋に幕末に向かって展開する幕閣と大奥を中心とする群像劇になる。いいかえれば、聡明な人間が誠実におのが人生を泳ぎ切ろうとするドラマといってもよい。ところで、帯に、「受験の新・入門書 江戸の歴史は『大奥』でわかる!」とあったけど、それは冗談ですよね。

 

大奥 13 (ジェッツコミックス)

大奥 13 (ジェッツコミックス)

 

 

 

大奥 14 (ヤングアニマルコミックス)

大奥 14 (ヤングアニマルコミックス)