ぴょん記

こつこつ憶える

旅の後始末

今回は、出掛ける前の2日分と、旅行中の3日分の洗濯物を今日の午前中に洗って干しました。 続日本紀(中) 全現代語訳 (講談社学術文庫) 作者: 宇治谷孟 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1992/11/04 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 15回 この商品を含…

旅の終わり

今回は2泊3日。初日と3日目の昼に、お鮨をたくさん。どちらも廻転寿司で、まず、小樽築港の「魚一心」さん。それから、JR白石駅にわりと近い「なごやか亭」さん。秋刀魚、秋鮭、そのほかのもすばらしかったです。帰る直前の空港では、「八雲」さんでお蕎…

何回目かの札幌

北海道へ渡るのはこれで7度目。日曜日は、ひとりで札幌市内をぶらぶら歩く。札幌市電の内回りに乗っているうちに、車内の人の動きかたに一定の法則性があることに気付いた。これとは別の公共交通機関の乗りこなしかたの流儀に、京都市内や奈良市内の路線バ…

羽田の朝のシウマイ弁当

朝5時ごろに起きて6時になるのを待って沐浴。7時に電車に乗って羽田空港へ。朝から、数年ぶりに崎陽軒のシウマイ弁当。 搭乗時刻が近づいて、最後はけっこうパクパクパクパク。

歴史のメモの続き

きのう、日本版ウィキペディアの白壁王の項(正確には、「光仁天皇」の頁。)を読んでいて、その生年月日が和銅2年10月13日(709年11月18日)であることを知り、それなのに、御母である紀橡姫が同じ日本版ウィキペディアの自身の項では、王の出…

六国史の第二

このたびのかしこきあたりの私的なご旅行先として、高麗神社が選ばれたとのこと。さて、桓武帝の母君の贈太皇太后高野新笠について、当初、皇位を継ぐ見込みは薄いとみられていた白壁王の宮人であったこと、白壁王が光仁帝として即位した際の皇后は聖武帝の…

春雨サラダ

練り辛子のチューブのハコに「春雨サラダに本品を加えると旨い」という意味のプリントが施されていた。そこで、先週のはじめに、マロニーちゃん(商品名)とスライス木耳を注文したけれど、なんとなく面倒になって調理は後回しになっていた。春雨サラダのほ…

南瓜を煮る

南瓜は堅い。だから、広い切断面をまな板に接して置いて、急がずにそろそろと分割していく。堅いものを立て続けに割っていくと腕が疲れるので、外皮の周りだけでも面取りしながら割っていくとよい。大きなフライパンに水を張って、薄めに切った人参と凍った…

ゆうべのやきそば

人参などを細めにおろす、板状の調理器がある。それを用いて拵える代表的な調理例が、まぐろ油漬け缶詰のTV-CMにも出てくる「人参しりしり」。これで、人参の中1本の3分の1ほどを削る。そして、フライパンに沸かした少しの湯でさっと茹でる。 万願寺甘と…

台風が近づいて

洗濯物の外干しができない天気なので、洗濯はしない。浴槽の栓を抜いて気前よく残り湯を抜き、内側をきれいに洗った。さらのお湯で浴槽を満たす。わたしは、易感染性が高いので、自宅の浴槽でもいまはまったく入らないけど。 昼前にコンビニエンスストアに寄…

サンドイッチ

深さのある皿にバター、辛子、マヨネーズを入れてバタースプレッダーで混ぜていたら、どんどん空気を含んで面白い状態になっていった。それを田舎風パンのスライスの2枚の片面ずつに塗る。スライスハム、チーズ、スライスした胡瓜、もう1枚スライスハムを…

『蚤と爆弾』

新装版 蚤と爆弾 (文春文庫) 作者: 吉村昭 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2015/04/10 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (3件) を見る 吉村昭が昭和40年代前半に世に出していた作品で、もとの名前は、『細菌』。冒頭近く、敵を殲滅するのに、銃砲を…

シミ子、心で泣く

月曜火曜と机に向かう。6月に受けた手術のおかげで、右眼に新たな視界が与えられたけど、肝心のレンズが入っていないために、視力は戻っていない。加えて、斜視でもある。したがって、7ポイントの活字を追う左眼の視界の上に、おおざっぱな右眼が捉えてい…

夏の終わりの体調不良

結論からいって、先月31日の夜に感じた違和感、けっして翌日に手帳の販売があるから病院に行きたくないという我が儘から出たものではなく、客観的に身体的異常を示す症状として把握されうるものの前兆だった。とにかくこれまで約半月の間、なにかに感染して…

察知する能力の要否

幾つか思ったことを: 夫に求めるのは具体的行動ではなく怨嗟の行き所らしい わたしのツイッターのTLに頻出する、るるてあさんの「肯定ペンギン」さんならば、「こども育ててえらい!」「仕事してきてえらい!」「いっぱい泣いてえらい!」って、親とこども…

レタス炒飯/秋の林檎

日曜の昼めしに、土曜の夜に炊いた雑穀めしののこりを用いて炒飯を作った。他の参加者は、茄子、赤いピーマン緑のピーマン、ハム1枚、シーチキンL1缶、レタス半玉、以上。ごはんがやや足りない感じだったので、週中に冷凍しておいた同じ雑穀めしも電子レン…

映画を2本観た週末

このごろわたしがよくいく映画館で土曜の座席をとるには、木曜の早朝にその映画館のホームページにアクセスするとよい。その時間帯なら、好きな座席が選べる。自宅では、画面の指示にしたがって、目当ての映画の、希望の時間枠、座りたい座席をぽちぽちと指…

身体の弱い九月の食卓

飴がほしかったので、またアマゾンプライムナウで頼む。最低基準額に達するようにほかにもいろいろ買うなかに、お昼のための助六寿司や湯煎パックに入ったハンバーグなどがあった。こういうとき、わたしは、自分が口にするものについては、衛生上の課題が残…

秋空と洗濯

きのうの木曜は午後からところによっては雷雨になるとの予報だったけれど、咳が出るような出ないような熱っぽいようなそうでもないような身体を揺すり上げるようにして、タオル以外のものを洗って干した。やはり、雨はそれほどは落ちてこなかったので、きの…

ふらふらは初秋のためし

頓服としてもらっているRの60mgを朝と夕に1錠ずつのんだ。 まず、ドア前の古新聞を麻紐で結わえて新聞整理袋に詰めていって、次にほかの廃棄物をゴミ袋にほいほい入れていったら弊社都合によりまとめる大きなのが足りない。あ!と横をみたら、去年の秋…

『秘密 season 0』5巻と同6巻

火曜は、朝から能率の上がらない仕事を地道に。各種炎症に効果のある薬剤を毎日服用しているにもかかわらず、微熱があって喉も軽く痛いので、飴のたぐいがほしいなあと思って、またアマゾンプライムナウ。今回の利用ショップは、アマゾンなので、配送料はか…

食べ過ぎると壊れる器械

調子にのって、たとえばいつかの朝食に、6枚切の食パンを2枚食べたりしていた。それから、金曜日の通院時に、6枚切のパン1枚でハムとチーズ、レタスを挟んだサンドイッチに加え、紅鮭、おかかづくしのおむすびをコンビニエンスストアで買って病院の中庭…

雨降り

にわかに涼しくなった。最高気温が23℃、最低気温が19℃。朝、作業に入る前に、皿を洗うついでに、揚げ物をしたあとの換気扇のフィルターを洗い、金属製のピーラーの汚れを落とし、排水口の網を漂白した。その一方で、シャトルシェフで人参を煮た。けっこ…

芋だらけ

土曜に買った9個の男爵。土曜の夜に5個がポテトサラダになり、日曜の昼に2個がフライドポテトになった。ポテトサラダは、玉ねぎと胡瓜の塩水でしめたもの、ハム、茹で卵、スライスチーズがマヨネーズと粗挽き胡椒、岩塩、粒マスタードで味付けされている…

小さな買いもの

土曜の午前中は、まだ風雨が強かった。5時前に起きて、イノダコーヒの赤い袋(アラビアの真珠)を開け、アイロンを掛けたりして過ごした。昼過ぎてから、ジャス子に出掛けた。 またちゃんぽんを食べてから、上に上がって、0.9ミリのシャープペンシルの芯…

ほぼ日手帳の発売日

台風接近。気温が急に下がって、ついに20℃ぐらいになったのもおおいに影響しているのだろうけど、とても機嫌が悪く、あらかじめ家族に向かって、いまおにのような形相をしているけれどもこれはあなたのせいではないからくれぐれも嫌わないようにと断ってお…

電気温水器の取り替え

大昔に設置した電気温水器をこのたび交換するにあたって、470Lのものにせよ、300Lのにせよ、その何十年か前のものとそれぞれ値段が変わらないのはどうしてじゃろうと問われて、それは大昔当時、大きいのも小さいのも部品を中国本土ではなく日本国内で…

モスバーガーのにくにくにくバーガー

沈む、あるいは、めり込む感じ。めずらしく、ひとりで夕めしを食べることになったので、昼を多めにしてあとはぐうぐう寝て過ごそうとしたら、あれこれ配達があって起きる。夕方、NHK総合の「首都圏ネットワーク」という番組で、モスバーガーの「にくにくにく…

家事で暮れる一日

家事は溜まるけど、一気に片付ける体力さえあればなんとかなりそうだということをやっと学習した。

心騒ぐに身体置いていかれ

この夏の暑さは峠を越えたとはいうけれど、きのうの日曜は、財布に無理をさせて急場を凌いだ膳立てだった。まず、朝は、デパートの地下のパン屋さんで買った黒オリーブを練り込んだパンでホットドッグ。同じ袋に入れて貰ったパン・オ・ショコラは、土曜のう…