ぴょん記

こつこつ憶える

関わる程度の加減

一昨日であったかネットで見掛けたのは、40代はじめのころの女性が、客として知り合った20代の会社員の男性に数日間で約80通のメールを送信したとして、ストーカー行為を行った容疑で送検されたというもの。数日間のメールの通数としては多いものの、…

いま、ここに在るということ

この秋も、幾度か苦しい思いを堪えているうちに深まっていった。きのう、仕事をしている合間に、ふと気付いた。もう、どうぞしてどこかに潜り込もうとするのはやめる。そうしないことをわたしは自分に許す。あれもこれも、したくてしたことではなかった。と…

ブロッコリーの加熱法

花芽の部分が普通のキャベツ並の大きさのブロッコリーが届いた。全体を水に晒して、それから茎から水を小一時間吸わせて、房ごとに切っていった。深い調理パンにオリーブオイルを温め、ブロッコリーを入れて蓋をして中火で5分蒸す。蓋をとって、お湯少々を…

『イシュタルの娘』第16巻(完結)

colorfuldays.hatenablog.com 実在したことはほぼ確実なのに、履歴の詳細の伝わっていない歴史上の人物など山とある。NHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国』で、重要な歴史の転換点、その節目節目に必然性もないのにヒロインのお江がいることの不自然さが放送時…

なんの汁だか

昨日の昼のこと。シャトルシェフの、味噌汁なら20人前くらいは拵えられそうなのにお湯を沸かしながら、人参、油揚げ、大根、牛蒡に椎茸をどんどん刻んで鍋に下ろしていった。豚肉は、冷凍のバラ凍結で上小間肉があったので、それを半分ほどそのまま。大吟…

ベイクドアラスカスノーボール

ゆうべ風呂に入ってから眠りたかったけれど、夕方は荷物を待っていて、食後はいつもの通りとても眠くて、気がついたら22時を回っていた。うちは集合住宅で、とくに規則などはないものの、浴室で水音を立てても構わないのはぎりぎり23時ぐらいまでで、ふ…

編みものが終わらない

Opalの毛糸を用いて、3号輪針で1周200目の腹巻き帽子を編んでいる。1か月前に編み始めて、入院にも持っていったし、テレビを観ているときにはなるべく編むようにしているけれど、いまやっと多分100段くらいだ。このOpal毛糸は、おそらくフェリシモ…

と胸を衝かれる

一昨日は、仕事の工程の都合上、とくに目を酷使したせいか、宵の口から眠ってしまった。夜中に妙に覚醒したので、ホワイトエールとかいう種類のビールを1缶。1時過ぎに飲んだので、翌日の正午までに身体が代謝しきれなかった分が多かったように思う。明け…

見たことのある入口

その先に続くのは、袋小路か、堂々巡りの、苦しい思いをするだけの思考の小径。減らされるのは、ゲームをする人ならMPというだろうけど、わたしにとっては、脳を構成する汁のいくつかの成分。だから、その入口を見たことだけは憶えておいて、その他の、た…

現実の闇を歩く

わたしは既婚で現在よそで遊んだりもしておらず、そのほか真剣な関係にもなっていないので、生々しい恋愛の現場から離れた場所にいる。宇多田ヒカルの『二時間だけのバカンス』の、「物語の脇役になって大分月日が経つ」だ。その「大分」が、何百日か何千日…

空っぽを生きる

「突然、足元を支えている地面ががらがらと音を立てて崩れ去ったような」てな陳腐な言い回しは、いかにもちかえもんならわしのプライドが許さへんのやと避けそうでしかししっかり遣っている慣用表現である。ともかく、わたしは、これまで自分の周りに肌触り…

小豆を煮る日

小豆300gは、笊に移して軽く洗って、水から火に掛けて、まずは強火で茹でこぼす。そのあと新たな水で、中火で30分。ここで、3分の1ほどの小豆と少々の茹で汁をサルベージして冷ます。これは、研いでおいた餅米2合半と一緒に赤飯になる分。のこりの…

連休明けは寒い/音楽と政治

自宅で過ごす連休は、ごはんを炊いておかずを添えて食卓を調えることに終始するといっても言いすぎではない。菠薐草と小松菜を別々に茹でて一緒に胡麻和えにするような簡単なものでも、封を切り立ての大吟醸といい醤油を半々にしたのを合わせるのでそれはり…

三連休のめしの仕度

金曜日は、昼に外でロースかつの定食を食べた。今回、調子に乗って、200gの肉だった。夜は、生鮭の切り身が手に入ったので、石狩鍋。土曜日の昼は、鰯と牡蠣のフライ。前夜の鍋の残りも汁物のように。夕方、フライの粉の残りなど使ってパンケーキ。 フラ…

オオナムチの結婚

前半は、金曜にとんかつの店で料理が出てくる前に家族で話したこと。わたしは日本史は紫香楽宮のあたりからしかわからないので、いろいろ聞く。 さて、いわゆる因幡の白兎は、オオナムチ、のちの大国主に向かって、「あなたはいまは兄である神々の荷物持ちを…

欲と体裁

「貴人の邸宅の門前を通過するときには、下馬下車の上、徒歩にて。」というルールを守らなかった場合、その行列には貴人の従者らによる投石などの攻撃が加えられる、という平安ルール。藤原道長の、源明子腹の息である能信の暴力への関与、とにかくしばしば…

忌まれることが嬉しいわけはない

階層とか品格とか躾とかマウンティングとかひとつひとつ考えると面倒なので、なにか厭なことに遭ったら、相手はわたしのことが嫌いだからそうするのだと一律に割り切ることにしている。— pyonthebunny (@ae_pyonpyon21_j) 2017年11月1日 「どうかわたしを好…

10月は去りぬ

ハロウィン。表参道のあたりでは、昭和の終わりくらいから仮装した人が控えめに漫ろ歩いていたというような話を聞かないでもなかった。ちょうどそのころは学校がお祭りでお休みになるので、泊まりがけで温泉に出掛けたり、なぜか1秒たりとも所属したことの…

都バスで移動

きのうの朝、乗ったバスは、東京都のほぼ東端からかろうじて山手線のある駅までを繋ぐ路線を走る。元気が足りなくて時間に余裕があったある時期、わたしはしばしばこのバスに乗って通勤をしていた。昼前とか夜更けに、じっと目を閉じて車体の揺れに身体を預…

きょうはとってもよい天気(東京)

土曜日曜と時々頭痛を感じていた。漠然と、『あたまがいたいなあ……。』と思う程度で、新たに鎮痛剤をのむほどではない、ぐらいに。わたしは、帯状疱疹後神経痛を脇腹にもっている関係で、いつもその対策の鎮痛剤をのんでいるから、それに重ねてなにかのむと…

また台風の週末

雑穀の入ったご飯を炊いて、ゆうべの豚汁の残りを椀2つ分残して、雨の中、モスバーガーへ電話でオーダーした「にくにくにくバーガー」を受取りに。パティ2枚と鶏の焼いたのと焼肉、レタスがちょろっと挟まった代物だけど、これが税込850円。毎月29日…

コロッケ今季2回目

水曜日に食品宅配で豚挽肉300gが冷蔵で届いていたので、またコロッケを作ることにした。前回は、牛豚挽肉400gで18個の出来上がり。今回は、豚のみ300gで8個を作ることにしたので、1個あたりの肉割当は、前回の22.8gから、37.5gに…

眼科を受診しにいく

朝、晴れていたので、洗濯機を1回まわして、干してから風呂に入って出掛けた。術後の感染防止のため、首から上の各パーツの洗浄を禁じられているので、せめてもの申し訳に髪の毛をそれはそれはきつくゴムなどで結わえる。電車の中や院内でどうしても迷惑を…

調子に乗って働く

各種配達の人が玄関に現れるとき、わたしはサングラスを掛けてからドアを開ける。先週の金曜の夕方に手術を受けた右眼がまだ赤くて、といっても、充血とか血走っているとかいうレベルではなくてほぼ血の色そのものをしているので、配達人の皆さんを驚かせな…

秋は哀しい

今日の東京は一日冷たい雨が続くとのこと。衝動的に人と話したいと思うことはあるけれども、人とカフェで待ち合わせたり、電話を掛けたりする習慣を現在のわたしはほぼもたない。せめてネット上で、とは思うものの、ゼロ年代SNSで、時間以上に大切なものを傷…

晴れたので連日洗濯

とはいえ、明日の水曜はさっそく雨になるというが。ともかく、数日分の洗濯物で56リットルの洗濯槽2杯分を昨日洗って干した。午前中はまだ風が強かったのと、わたしの身体がへたっていたのとで、洗濯は午後からになり、干しきったのは夕方になってから。…

髪を洗えない旬日(以上)かも

先週の金曜日に眼球の関係の手術を受けたので、とりあえず洗顔はしない、上向きの姿勢で美容室で洗髪されてもよいのは5日後の手術から今週の水曜日以降、下向いて自分で髪を洗ってもよいのは同10日後の来週月曜日以降といわれている。途中で診察も受ける…

退院の日がきた

入院していた4日の間、外はずっと雨で、だからかもしれないけれど、病室はずっとかなりの高温まで暖められていて、夜も腹掛けをしていると汗をかくほどだった。 入院していた病棟は、主に眼科の患者が入院することになっている場所だけれど、しばしば他科の…

パケ死してしまう

きっかけは先月。iPad mini のKindleアプリが固まってしまった。それを一旦消して、再インストールしたことから、自分の電子書籍なのに、再ダウンロードに伴い、場合によっては有料でWi-Fi使用権を使わねばならないことに。ある程度は、札幌のホテルのWi-Fi…

レンズを入れる手術

今回の手術は、6月の手術で目の白濁したのをきれいにしたあとにレンズを縫い付けるもの。わたしがいくら縫い物が好きだといっても、たとえば烏賊の切り身の上に鮭イクラをスパンコールのようにきれいに縫い付けていくのは無理だものと思うから、手技の一々…