ぴょん記

こつこつ憶える

秋学期の計画

今週のお題「テスト」:

 「テストがんばる!」ということだけど、今学期は、評価点の付かないテストを到達度確認のために受けさせていただくのみ。ビジネス・ローの検定試験が商工会議所主催のあれのほかになにかあれば受けるかもしれないけど、破産法の条文をぼちぼちチェックしてレジュメを見直すことからまずはじめよう。勉強の仕方をまるで忘れてしまっている。

 

 さて、テストが終われば夏休み。それに続くこの秋学期では、少なくとも2つの講義を聴講したいところ。わたしが受講している学部の講義には、正規の学部生のほかに、「科目等履修生」「聴講生」という身分で受講できる制度があって、わたしは、後者の「聴講生」。大学の幾つかの主要な施設を利用することも可能だ。もっとも、大学の図書館などは、いちおう卒業生であるので、図書館の利用者カードを発行してもらえば、聴講生にならなくても利用できる。でも、わたしの現在の状況では、なにか自分に義務付けをしておかないととめどなく斜め下に流れそうだし、事実、体調の悪化から一度潰れたので、秋学期も聴講登録しておいたほうが無難そう。

 

 ええと、気になるお値段のほうは、入学金が50k(卒業生は25k)、聴講料が1単位16kで、1学期15回の講義は2単位なので32kです(単位:JPY)。