ぴょん記

こつこつ憶える

川を越えて

f:id:e_pyonpyon21:20070315092051j:plain

 午前5時49分ごろ、東京湾震源としたM5.2と推定される地震が発生。今朝もいつものように寝床の中で、半分人間半分人間ではない動物のようにぶらぶらしていたので、垂直方向の揺れを感じてすぐにリビングに移動。テレビで震源や各地の揺れの大きさを確認。このあたりは、震度4。この地震が、大雨で地盤が緩くなっている地域にさらなる追い打ちをかけるようなことにならなかったのがせめてもの救い。

 

 午前中をうつらうつらして過ごし、昼食は、川向こうまで出かけた。数日間の雨で空気が洗われて、遠くの方まで空が透けて見える。今年の夏も、煎じ詰めてみれば、わたしはただ生きているだけだったけど、数年前と異なるのは、それだけのことのために、お金と手間がえらいかかるようになった点だ。高度の医療技術と、細心のケアによってしか、生き続けることができない身体になってしまった。