ぴょん記

こつこつ憶える

いのちからがら

f:id:e_pyonpyon21:20150914163116j:plain

 現在、中東から地中海経由等で欧州方面へ移動している人数は、第二次世界大戦以来、最大のものだそうだ。気温が高く、冬よりは旅がしやすい夏と初秋が終わって、これから山越え海渡りがとてもきつくなる。女にこども、老人に病者のみならず、比較的元気なはずの青年中年壮年の男にとっても何千キロもの徒歩での引越しはたいへんだ。日曜の昼間、デジタルリマスター版だかなんだか「映像の世紀」の再放送をしかし音声だけ聴いていたのだけど、40000000人以上の市民が犠牲になった第二次世界大戦が終わって70年が過ぎたけれど、そのいくさで死んだ一人も、今年、地中海を渡りきれなくて亡くなったシリア国民の一人も、わたしと等しく人類という括りの同族で。きのみきのまま、今日の塒も知れぬ途を往く運命を生きる人に、自分のできることはなんだろう。