ぴょん記

こつこつ憶える

ふみよむひと

 ツイッターのタイムラインで、小説/実用書/専門書を読むにあたって、それぞれ適当なサ変動詞がないかという意味の発言が見受けられた。小説の括りには、なんと漫画や詩集も含まれるであろうし、実用書と専門書を明確に分ける基準はいったいどのあたりにあるのかまことに不明確ではあるが。とにかく、実用書/専門書を読むことを「勉強する」で片付けたくないようで、ことほどさように「勉強」の文字には負の印象が色濃く刻み込まれているものらしい。

 

f:id:e_pyonpyon21:20150921123803j:plain