ぴょん記

こつこつ憶える

小春日和

 事始めより前の週末で、乾燥してよく霽れている。何度も夜中に起きて、朝方リビングでばたばたして、何度寝かして、8時半に起きだした。雑穀パンと餅などで朝食を済ませ、洗濯と洗い物をして、はたきを掛け、また、カップ麺と冷やご飯などで昼食とした。これから、集積所まで可燃ごみを出して、それから、タスマニアビーフの塊や、ぶりの刺身、たらの切り身などを買いに行くつもり。