ぴょん記

こつこつ憶える

目が覚めてしまう

 21時ごろテレビの近くで寝てしまって日付が変わるころに起きて自分の塒に移る。そこでしばらく起きていてややあって再び眠り、次に目覚めるのは5時過ぎ。6時半近くまで眠っていていられれば楽なのに、そこから眠るでもなく起きるでもない時間をなんとなく厭なほうの気分に傾きがちになりながら過ごしている。きょうはなんとその時間帯におおきなサンふじを四つ割りにして芯の部分を除いたものをまるまる1個、がりがりと食べていた。