ぴょん記

こつこつ憶える

洗濯もの満載日

 いつもの旅行では、人間より1日か2日遅れて洗濯ものが宅配便で届く。でも、昨日は新幹線で帰ってきたこともあり、旅行に出る前の日の分、旅行中の分、帰ってからの分、と、8kgの容量の洗濯機を2回まわしてもまだ追いつかない。その比較的大量の洗濯ものがベランダに翻っているところに、あたらしいメダカの一群が到着した。いつも見慣れているメダカにしてはかなり大きいグループと比較すると、いっそいたいたしいほど小ぶりな連中であるが、餌を水槽に落としてみるとさりげなくぱくりぱくりと食べていた。