ぴょん記

こつこつ憶える

手仕事の季節

 編み物といえば、初秋から春先までが旬(ずいぶんながい)という感じがする。毛糸に触れて暑いと思うようではまだまだはしりですらなく、編み上がるころに半袖になるようならもうそのシーズンでの作業はおしまい、という具合に。これはあくまで個人の見解。夏も編んでいる方、おおぜいおいでのことでしょう。ところで、わたしのツイッター由来のともだちで、編み物や縫い物、刺繍を始めます、というひとが数人いる。そして、わたしもまた、大学病院の眼科の専門外来にかかるほど目が悪いのに、なにか手仕事がしたくて、糸や針やピンクッションを在庫がしぬほどあるにもかかわらず新たに揃えている。京都のみやこメッセで開催された布博にいって布や糸やとにかく繊維が好き!というたくさんの人の力に触れたこともあり、せめて自分の手回り品だけでも、なにか作り添えたいなあと思った。

 

f:id:e_pyonpyon21:20160217104321j:plain

 これは、プロの仕事。大好きな一澤信三郎帆布での買い物です。