ぴょん記

こつこつ憶える

歩くことはたいせつ

  一年ほど、感染が怖くて外をろくに歩いていなかった。抵抗力が落ちているから、人混みを避けても、たとえば帯状疱疹などにはかかるときはかかるであろうけど。ほぼ外を歩かなかった結果、いま、息が切れる前に足がいうことをきかなくなるという困った状態で。