ぴょん記

こつこつ憶える

手抜きのごちそう

 金曜日に空は霽れて、気温も上昇し、温かい風が洗い上げたばかりの厚いタオルを瞬く間に乾かしてくれた。ともだちとメールやDMをやりとりしながら、キャベツと豚こま肉のほかは紅生姜が載っているだけの焼きそばを作るという、ささやかな夕飯の仕度をした。「北海道コロッケ」という名の出来合いの揚げ物は、アルミホイルをしいたグリルで温め、その下に「『顔が見える野菜』だけ20種類も入れました」1袋を笊で水洗いしたのを。コロッケに中濃ソースを掛けるからドレッシングは省略。コロッケもおいしいなあ。