ぴょん記

こつこつ憶える

賢く明るく愛くるしい

 

”差別的” HKT48新曲「アインシュタインよりディアナ・アグロン」でネット炎上 何が問題? - NAVER まとめ

「きれいな女の中からとりわけ優秀な人が選ばれる」という世界も存在する。男性であっても能力と同様、見目も大切にされる時代。この歌詞には、どうしちゃったの?と30年くらい前にタイムスリップさせられた感じ。

2016/04/12 18:16

 

 自分で自分をきちんと大切にできるかどうかはまた別の問題として。/「勉強ができる」ことが、「カシコイ」ことと同値かもまた別の話で。/「勉強ができる」ことよりも、「愛される=受け容れられやすい外見や挙動を保っている」ことに価値を見出す、というスタンスが、なんともはや。ほどほどでいいから、いや、むしろ、ほどほどのほうがいいけど、とにかく身ぎれいでカシコクアカルイことが求められているのだから、もはや「勉強ができる」か「愛されるか」の二者択一には、J-POP一曲の持ち時間を維持できるほどの内容量はないだろう。そりゃあいかわらずのディストピアですが、わかる問題にもあえて口を挟まず、おばかさんの振りをして、一という字だに書けないように装うことが女の賢さとされていたころに比べれば、ずいぶんましになってきたところもあると思いますです。