ぴょん記

こつこつ憶える

オム!オム!オム!

 朝、厚いハムとピーマンをフライパンで焼いて、そのあとで目玉焼きを作る。ハムから脂が出るのと、フライパンがテフロンコーティングなのとで、油はひかない。7割がた目玉が固まったらひっくり返して黄身のほうも焼き目をつける。ピーマンがコールスローになることもあれば、ハムがボイルしたウィンナーになることもある。同様に、目玉焼きが玉子焼きになることも。/オムライスの上手な作り方を模索されているブロガーさんがいらっしゃる。いま、オムの部分の焼き方に困難を感じていらっしゃるとか。はてなハイクでぼやっと呟いてみたら、id:gustav5 さんがたいめいけんのオムライスの作り方の動画を教えて下さった。ありがとうございます。


日本橋「たいめいけん」オムライスの作り方

 

 PCで動画を再生しながら、フライパンを、こっちでちょっと冷まして、バターをいれて、卵液をざっと流して、手首をこうだ、こんな感じで、それからトマト飯を載せて……と手を動かしてみました。さて、明けて朝。このごろは5時前に一度手洗いに立って顔を洗ったあと、6時25分にiPad手嶌葵が歌い出すのを5分たっぷり聴くまでぐっすりまた眠っているのですが、それはそれとして、なんとなく玉子焼きを作ってみようと。殻の茶色の卵を3つボウルに割り入れ、朝からバターは濃厚すぎるのでオリーブオイルでもって、十分に温まったフライパンで、あくまで強気の中強火で。よくできました。

 

天然生活 2016年 06 月号 [雑誌]

天然生活 2016年 06 月号 [雑誌]

 

  おととい発売の天然生活の6月号にもオムライスのヒントがたくさんありました。すごく若いころ、自分のつくるおかずがどうにもあかぬけない感じがして、「miss 家庭画報」のムックなどみては一生懸命レシピ通りに作ってみたけど、結局、飛び抜けて料理上手になることはなかったようです。