ぴょん記

こつこつ憶える

暑い日は熱いものに辛いもの

 熱い日本茶を啜ったり、唐辛子の効いたチリドックを頬張ったりすると発汗作用が促され、そして汗が引くときに気化熱を連れて行くから涼しく感じる、のだろうか。

 

 モスバーガーのスパイシーチリドッグにアボカドが差してあるのを食べてから、洗濯物を抱えて家の中をぐるぐる動き回ったわたしはもう汗だくである。それなのに、まだ一向に涼しくならない。なぜか。

 

 それは、つねに風のわたる日陰にいる身がたまさか地上に下りて、照り返しのきびしい舗装された街路をたらたら歩き回って蓄熱したせいであるといまのいままで気がつかなかった。

 

f:id:e_pyonpyon21:20160210165729j:plain