ぴょん記

こつこつ憶える

のびていた

 土曜は、あまり元気が出なくて、とくに午後からは本格的に具合が悪く感じられて、自分のぶんの夕食は抜いた。わたしの場合、自分が食べないのに用意する食事というのは、なんとなく冷淡で不親切な取り合わせに陥りがちだ。それを隠ぺいするために加える胡椒とか醤油とか些細な小細工が、ますますメニューから平時色を失わせる。でもなんとか一汁三菜、野菜200gに炭水化物(米飯)150g、動物性蛋白質込みで総熱量650kcalさまのお通りだ。