読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴょん記

こつこつ憶える

秋の日暮れも腹は空く

 昨日の夕食:標準茹で時間9分のスパゲッティを明太の切れ子とマヨネーズを混ぜたのに和えた。それを皿に盛ったあとで、めいめいで海苔を散らして食べた。あとは、届いたばかりのトマトと胡瓜だけ。

 夏日になるといわれていたけれど、最寄りの観測点では、最高気温は24℃に届かず。蜜柑と林檎をたっぷり食べて、昼は昼でご馳走を平らげ、気分だけはかなり滅入った感じになって、だから嗜眠の態で、平たく展開して恣に過ごす。リドカイン入りの軟膏を探す過程でステッドラーのMars Lumographという鉛筆など、退蔵していた文房具がけっこう出てきた。ありがたい。