ぴょん記

こつこつ憶える

わたしは免疫力がひくい

 ここで何度か触れたことだけど、ほぼ2週間前の金曜の朝、突然、胃腸がぶかぶか音を立てるようになり、くだしたり、のちに、あげたり、ひどいことになった。月曜日の午後に病院でブドウ糖などを点滴してもらって、どうやらなにかに感染してそれが派手に顕れたということになった。毎日、免疫抑制剤を数種、服用しているから、かつては帯状疱疹にも罹ったし、今回も薬の服用と胃腸症状が無関係とはおもえない。ほどほど人通りのある住宅街の宵の口、玄関口を開け放して、そのままにしているくらいには不用心な状態だもの。

 ともかく治療のために出された抗生物質はのんだ。脱水症状と膀胱周辺の炎症が気になるといわれたので、水もつねにもましてがんばって摂った。しばらくして痒みが始まった。「1日数回、患部に適量を塗布」と書かれた軟膏を塗る。すごいなこの軟膏、しもやけにも効くらしい。炎症が回復傾向にあるのか、それとも単に軟膏の鎮痛成分が効いているのかわからないけど、とにかく塗ればしばらくすると痒みは治まる。

 体力気力ともに衰えて情けない半月だったけど、やっと少し上向いてきたなと思えば、もう月末。ほぼ日で好きな柄のフェイスタオルを1枚だけ買い足したので、なんとか機嫌よく暮らしていきたい。

www.1101.com

 上のは、Permanent link ではないとおもう。今回、わたしが購入したのは、升ノ内朝子さんのもの。少しずつ買いためていって、自宅用にしたり贈答に供したりするものだけど、裏側のパイルの糸が飛び出てぼわぼわになるところとか、そのくせ表面はさらっさらが長続きするところとか、いろいろ好きなところがあります。

 

 ああ、そうそう。つらいことが過去にたくさんあって、しかもそれが自分の側に原因があると思えば、もうほんとうに生きていくのが味気なくてたまらなくなることがあるかもしれない。それを救うためにことばも、励ますちからも、わたしはいま持ち合わせてはいないけれど、自分を含めてそういう人たちが大なり小なりつらいなりにどうにかこうにか生きていけるような仕組みをぼちぼちほそぼそと考えていこうかなと思っています。