ぴょん記

こつこつ憶える

摂取熱量と食らいついた糖分

 朝早くに起きて、定期受診のため病院へ。5時前に一旦起きてさすがに憂鬱な気分でぶらぶらして、お湯を沸かしてお茶を淹れた。重い空気の理由は、明らかである。前回の受診から5週間が経過して、各種数値がいったいどんなことになっているやら。それから冬に入ってから蜜柑を熱心に食べ続けた結果、どうにも糖分の過剰摂取を指摘され(このごろめしや麺類は普通の人より少ない摂取量だ。)、ヘモグロビンに付着した糖の値を下げなければそれなりにハードな治療が待っていますよと通告されていたのだ。蜜柑、でも、今月に入って一度も箱買いをしていない。そもそも箱売りの蜜柑がネットスーパーから消えたのであとは農協にでも注文しなければ食べられないのだ。とにもかくにも病院へ。まず、採血。とても身構えていったのに、今回も尿とられず。レントゲン。それから待ち時間。けっこう長い。仕事を持ち込んで黙々とこなしながら院内呼出ベルの鳴るのを待つ。HbA1cの値は、劇的に改善していた。大好きな果物についてすら節制したのだから。いっぽう、感染の度合いを示すCRPの値は、やや高め。けっこう出掛けたから。原病については、どうなんだろう。ぼちぼちやりましょう、という感じか。

 帰りは、太巻きの端っこ(と、もちろん端ではない部分。)を求めてデパート経由で。現在の通院先は、長期1回と短期7回くらい入院をしたので、なんとなく若いころ下宿していたアパートのような感じがする。そこを離れて自宅に戻り、これから仕事の続き。