ぴょん記

上古文学、外国語、数学、調理、編みもの、縫いもの、競争法

るすばん日曜

 土曜は、寝てばかりだった。お昼には、かつおの煮たのとゆかりのおむすび、きゅうりもみを作って、カップラーメンと一緒に食べた。夜は、昼に2合炊いためしをぜんぶ使い果たしたので、あらためて2合のしろめしを炊いて、鹿児島の新じゃがいもと若布の味噌汁、四川風の麻婆豆腐(Cook Doの)を添えて食べた。日曜、朝、6時に起きて後方支援の任に就いたのち、4日分の洗濯物を洗って干した。