ぴょん記

こつこつ憶える

紐で結わえる

 古新聞や広告、ダイレクトメールの類いをだいたい10センチの厚さごとに麻紐で縛っていく。それを積み重ねていって、4つくらい溜まったら、新聞販売店が呉れたり、あるいは自分で買ったりした新聞整理袋に詰めて入れ口をテープで留める。紙製の新聞整理袋は、ネットスーパーで購入するのできっとふつうのスーパーの店舗にもあるにはあるのだろうが、5枚で250円ほどもする。だから、室内で乱雑に古紙を溜めていくうちに破れたとしても捨てられず、布製のクラフトテープで慎重に補修して古紙回収に出すまでつかうことになる。

 古新聞でも段ボールでも瓶と缶でも、廃棄する前段階の処理作業は、こういってはなんだけどけっこう楽しい。ヤマト運輸のポイント交換でもらった軍手をはめて、レジ袋ごみ袋、紐にクラフトテープを揃えて、最初に立てた段取り通りにごみがまとまっていくと気分がよくなる。まあ、ごくたまにだけど。