ぴょん記

こつこつ憶える

梅雨明けごろの朝ぼらけ

 朝4時半ごろに起きる。顔を洗ってうがいをして、髪を結い直し、500円くらい入った小さい財布をもってごみを出しに行く。出るときに朝刊をしまう。集積所にごみを出したら手をきれいにして、自動販売機で炭酸水を買ったり、気が向いたらコンビニエンスストアまでいく。

 家に戻って、植物に水をあげる。先週の週末に植え替えをした朝顔とワイルドフラワー、それから週中に豆腐パックの苗床に蒔いたペパーミントと、小さいレタス。午前中に日差しの集中するベランダなので、2リットルほどたっぷりと配る。めだかの水槽にも餌。アイスクリーム屋のピンクの匙で2杯。右の隙間から1杯、左の隙間からもう1杯。

 朝食のためのお湯を沸かすのはだいたい6時半ごろなので、それまで机に向かって読んだり書いたり。

f:id:e_pyonpyon21:20170626094715j:plain

 インドの綿布。ハンカチに仕立ててある。透かすと浮かび上がる文様は、木のスタンプでつけられたものらしい。2017年春、東京の布博にて購入。