ぴょん記

こつこつ憶える

欲が深い

 朝、D大学医学部附属病院へ定期診療のために出掛ける。ラッシュアワーの時間帯なので、地下鉄の駅とは反対側のバス停まで歩いて、都心までバス。昼間の東京メトロならばだいたい12分ほどで通過する距離を小一時間かかってわりとゆっくり進む。わたしは、座席に腰を下ろし、おもにバスと併走する元気な通勤自転車の人の背中を眺めていた。

 ばかなんだろうか。きっと、ばかなんだろう。喉が渇いているわけでもないのに、レジ脇に表示された本日のコーヒーのブレンド名が気になり、ホットコーヒーを追加で頼んでしまった。おいしかったら、豆を粉に挽いてもらおうと思って頼んだのだが、院内呼出ベルが鳴って、そのときレジにけっこうな数の人が並んでいたので、コーヒーは買わずに出てきてしまった。

 帰りに東京駅に回って、フェリシモさんのワゴンで買い物。

f:id:e_pyonpyon21:20170725050627j:plain

f:id:e_pyonpyon21:20170725050456j:plain