ぴょん記

こつこつ憶える

『秘密 season 0』5巻と同6巻

 火曜は、朝から能率の上がらない仕事を地道に。各種炎症に効果のある薬剤を毎日服用しているにもかかわらず、微熱があって喉も軽く痛いので、飴のたぐいがほしいなあと思って、またアマゾンプライムナウ。今回の利用ショップは、アマゾンなので、配送料はかからない。キャラメル2袋を籠に放り込んだあとは、カップラーメンやレトルトカレーヤマザキのあんパン、炭酸水、薄力粉、強力粉、ドライイーストなど、3000円ほど買う。

 

秘密 season 0 5 (花とゆめCOMICSスペシャル)

秘密 season 0 5 (花とゆめCOMICSスペシャル)

 
秘密 season 0 6 (花とゆめCOMICSスペシャル)

秘密 season 0 6 (花とゆめCOMICSスペシャル)

 

 物語は、2067年。「視覚者」の脳を視ることによって、重大な刑事事件の解決をはかろうとする組織「第九」の捜査員らと、犯罪にかかわった被疑者たち、そして、被害者たち。いまからちょうど50年先の話なのに、空中を飛び交う小型乗用車などはもう出てこない。個人宅の和室の押し入れや畳もそのままなら、人間の見栄や羞恥心にも大きな変化はない。犯罪捜査を目的として、他人の脳を視て、その記憶を探ることに、捜査員らも畏れと、ときに恐怖を感じている。

 種明かしがされたあと、そのへんに転がる凡庸さや普遍性こそ、最たる危険物であることを今回も思い知らされた。