ぴょん記

上古文学、外国語、数学、調理、編みもの、縫いもの、競争法

10月は去りぬ

 ハロウィン。表参道のあたりでは、昭和の終わりくらいから仮装した人が控えめに漫ろ歩いていたというような話を聞かないでもなかった。ちょうどそのころは学校がお祭りでお休みになるので、泊まりがけで温泉に出掛けたり、なぜか1秒たりとも所属したことのないサークルの打ち上げでビールをのんでいたり。そういう秋もあった。

 神奈川県座間市のアパートの一室で9人のご遺体が発見された件について、一連の行為の被疑者とされている人は、金銭強取や女性を犯すことが主たる目的で、命を奪うことはその前段階の犯罪の発覚を防ぐために行ったと現段階では供述しているとか。先だっての、妻の連れ子に、妻、妻と自分の間に生まれた子らを殺害して自宅に放火したとされている人は、妻から離婚を切り出されて落胆したことを犯行に及んだ動機としている。人間の殺害という結果に至るまでのあたまの中の道筋が、いずれもはっきりしているようで実のところそれぞれに説明がたいへん難しいケースに思われる。