ぴょん記

こつこつ憶える

風びゅうびゅうの日曜日

 電車に乗って2つ隣の駅のまちへ。外に出た途端、強風でもって鼻先を引き回されるような情けなさ。それでも東京はまだ晴れて気温もそこそこ高かった。さて、出掛けた先ではコーヒーを買い、麻婆麺を食べた。いちおう、その店ではいちばん辛い麺類ということになっているけれども、揚げた唐辛子が2本ほど載せてある程度のごく穏便なものだ。ところが残念なことに、量が多い。麺のみならず豆腐も入っているので(麻婆茄子には豆腐は入っていないのに、この麻婆麺には豆腐が入っている。)、けっこう早めに食べ詰まった。それを押して食べていると、次は腸がきりきりと痛んだ。このごろのわたしの腸の痛みは、かならずしもその後の下瀉を伴わないもので、堪えているとたいてい収まる。食事を終えて、いつものように徐々に回復してきたお腹に喜びつつ、買いものを済ませて帰宅。そうそう、この日、ほとんど5年ぶりにお化粧したのだった。前のが古くなっていたり行方不明になっていたりしたので、ほとんど全部新しいのを揃え直したけど。

f:id:e_pyonpyon21:20171218000727j:plain

夜は誕生会もどき