ぴょん記

上古文学、外国語、数学、調理、編みもの、縫いもの、競争法

りんごはえらい

 最初にいいたいことを書いておくと、小室さんも小出さんも成宮さんも、事情が許すならいつでも戻ってきたらいいと思います。小出さんの『吉原裏同心』、成宮さんの『ふたがしら』、あまりテレビのドラマを観ないわたしも十分楽しませていただきました。

f:id:e_pyonpyon21:20171201103941j:plain

みかんもえらいです


 

 さて。みかんはネットスーパーで8個、10個と小分けにして買うけれど、りんごは、食品宅配かJA全農あおもりさんで買うようにしている。JA全農あおもりさんのよいところは、保存がよいので品質が安定して高い点だ。家庭用のサンふじ3kgを送料消費税込の2780円で購入した。

 それをさくっと二つに切って、片側は皮を剥いてさらに6個に分割して楊枝を刺して家族に食べさせる。残りは2つに割って皮はそのまま芯の部分だけそれも最小限取り除けて、自分が食べる。芯の辺りに俗にいう「みつ」という、半透明になっている部分が多いので、なんなら芯や種ごと食べてしまってもいいくらいなのだ。

 冬の間は、みかんにりんご、春には苺、初夏になれば、メロンに西瓜、秋口は桃に葡萄、梨。むかしは、「へえ、くだもの。」と、特に嫌いではなくてもとびきり好きでもなかったのに、自分が萎びてくるにつれて、旬の瑞々しい果物を米の次ぐらいに大切にするようになった。とくにりんごは日持ちがして、ポリ袋にいれて袋の口を閉じていればもっと長持ちするところがいい。うっかりほらけてしまったのをコンポートにしたときの、やっぱりそれでも新しいのを煮たのとは違う頼りなさに申し訳ない気分になるところもいい。

www.ja-town.com