ぴょん記

上古文学、外国語、数学、調理、編みもの、縫いもの、競争法

京都国立博物館で

 昨秋開催された国宝展にせめて日帰りでも出掛けていけばよかったけれど、そういうわけにもいかなくて。ホテルからしゅーっと東大路通りに出て、京博の正面玄関まで10分くらい(タクシーさんで。)。ふだん六国史の一部などを読んでいるからなのか、その時代か、微妙にもっと古いものをみると、へんな云い方だけど、軽く心が震える。でも、自分より10000年前に生きていた人の名前も気持ちも、具体的に知ることはできないから、少しだけでも生きてきた軌跡のわかる1000年くらい前の人に思いを寄せることは、それほどおかしなことでもないかなと思う。

f:id:e_pyonpyon21:20180216115939j:plain

新福菜館で。