ぴょん記

上古文学、外国語、数学、調理、編みもの、縫いもの、競争法

ニードルフェルトの「まめぐち」

 財務省は、「取引先」としては、財務省設置法に基づいておかれた国の役所であること、競合相手のいない独占的な組織であることの2点においてすぐれて特殊であって、その事務方トップを取材相手として行われる取材という名のお取引は、報道機関の実質的最前線にいる記者にとっては、通常の民間企業相互のお取引以上に重圧を伴うものであるといえるだろう。いま世の話題の俎上にのぼっているのは、昭和57年入省組ということで、だけどそれでも来年度も再来年度も、財務省に入って働きたいという人は絶えないだろうし、多少の組織改編はあるとしても、明治初頭以来の基本五省の筆頭*1としての役所の地位も揺らぎはしないだろう。

 わたしの業務とは、直接には、まったく関わりのないことなので、今日も朝から孜々として机に向かうだけなのだけど、帽子を編みおわって、急がない編みさしのものはいくつかあるけれど、動物の身体を模した小さな蝦蟇口(「まめぐち」という。)を作ってみたい気もする。すでに家の素材箱には、ニードルフェルトの小さなキットは幾つもあるし、針もあるのだけど。そういうのは、フェリシモのバーゲンや、京都のアヴリルさんの企画ものを買う。また、あみぐるみもかわいいと思う。問題は、わたしの造型能力だ。二次元で絵を描くことは殆どなく、三次元でなにか成型するといえば、バターロールやおいなりさんぐらいなので、はたして大丈夫かいなあといまから心細くもあるけれど。

 

どうぶつまめぐち 羊毛フェルトで作るマスコットみたいな

どうぶつまめぐち 羊毛フェルトで作るマスコットみたいな

 

  フェリシモには、蝦蟇口の金具の部分まで含めたキットがあるようで。「眠る子うさぎペンケース」全4回が今月で完結したので、来月分から頼もうかな。うさぎのポーチやペンケース、そして、お金を入れる予定もないまめぐちどんどん増やしてどうするのというのはあるけれども、ほんと、いったいどうするんだろう。

www.felissimo.co.jp

 みんないろんなことがきっとあたまの中でシームレスに繋がっているよね、ね?

*1:戦前は内務省があったなあと後で思い出したり。