ぴょん記

上古文学、外国語、数学、調理、編みもの、縫いもの、競争法

週末の食卓

 今年の春先ぐらいから台所のコンロの機嫌が悪い日が続いて、お湯を沸かすのと、おかずを用意したりパンを炙ったりするのと、ぜんぶひとつの火口(ひぐち)で済ませていた。温度感知センサーが過敏に機能しているのだろうと手入れしてみたら、はたしてちゃんと安定した火がもうひとつの火口からも出るようになった。

 炊飯器でめしを炊いて、お湯でフリーズドライ味噌汁を溶き、あとは簡単に煮て、炒めて味をつけるぐらいの夕食で足りていたわけだ。

 この週末は、同じように簡単な食事に終始していたが、夕食は、ピザを宅配してもらって、たまねぎのサラダと食べた。

f:id:e_pyonpyon21:20180817194647j:plain

 コレド室町2のBF、「とんかつ寿々木」さんのロースカツ定食。おいしかった。