ぴょん記

上古文学、外国語、数学、調理、編みもの、縫いもの、競争法

おなかがすいた昼のこと

 きのう、検査が一通り終わって、診察の順番を待っている間に、病院の中にあるスペシャリティコーヒーを飲ませるカフェに入った。学生のときは、カナダゆかりのBLENZさんの小川町の支店によく行っていたけれど、もう何年も寄っていないなあ。

 そこで、いつも検査が終わったあとにはケーキを食べるのだけど、あいにくケーキが殆どなかったので、ドライトマトとにんにくたっぷり入ったスパゲッティなど。CTだけだと思っていったら、X-Rayもだったので、なぜか動揺して、さらに撮影しても大丈夫よとワンピースの下に清楚なキャミソールを着てきたのに、brassiereとっていただけてあと金具がなかったらそのままでけっこうですとワンピースのままCTもX-Rayも済ませたので、その点はやや拍子抜けだった。捌かねばならない人数が多かったので、きのうは検査部門診療部門のみあらず、会計の事務方に至るまで、お昼休み返上の臨戦態勢だったもの。

f:id:e_pyonpyon21:20180910100648j:plain

にんにくがやまほどはいっている

 ところで、スパゲッティにホットドッグにおむすび、おこわのお弁当と炭水化物をたくさんたくさん食べたので、動作ゆっくりめの胃腸が深更に至っても消化吸収を行っていた結果、朝、目覚めたあともしばらく身体がぐったりとしていた。ふだん昼めしは食べないくらいだもの。それが、たまに(病院とはいえ)市中に出ると、つい食べ過ぎてしまう。そりゃ胃も驚くだろうて。