ぴょん記

上古文学、外国語、数学、調理、編みもの、縫いもの、競争法

2016-06-29から1日間の記事一覧

春琴抄

水曜は、月曜を一日寝て過ごしたものだから、少しすることが溜まってしまって、朝から机に就いていた。宅配便の配達と、こちらからの資料の集荷を一緒に済ませてしまいたかったので、デッドラインは16時。ああでもないこうでもないと知恵を絞りながら、と…

少将滋幹の母

日本版ウィキペディアで平安初期の著名人を調べていたら、時平が伯父の国経の北の方を掠って自分のうちに連れ帰ったエピソードが出てきた。時平は当時左大臣で、国経は大納言。在原棟梁のむすめである国経の北の方は、つまりは在原業平の孫でたいそうな美人…