ぴょん記

上古文学、外国語、数学、調理、編みもの、縫いもの、競争法

2018-05-16から1日間の記事一覧

露を抱える芋の葉を掻き分け

一条のおとどのお屋敷に、伊勢どのがまた参って、わたし同様に筑紫どのの頤使に従うようになったのは、若君がお二つのはつなつを迎えられたころだった。上臈女房で年齢もかなり重ねている筈なのに、ご大家の主婦として大勢の家族や使用人の取り回しになれて…