ぴょん記

上古文学、外国語、数学、調理、編みもの、縫いもの、競争法

2019-08-10から1日間の記事一覧

宮中女房に三種あり

この一週間、山本淳子先生の註と現代語訳で、興味深く『紫式部日記』を読んできたわけですが、定子や彰子が中宮であった時代、すなわち西暦1000年ごろの後宮には、私的にキサキに仕える女房として、次の三種があったようだ。 女房を職業とし、主家を渡り…