ぴょん記

上古文学、外国語、数学、調理、編みもの、縫いもの、競争法

2020-04-19から1日間の記事一覧

『残り者』

明治2年の初夏、江戸城明渡しの直前まで大奥に生きた5人の女たちのはなしである。まず、天璋院篤姫の呉服之間のお針子「りつ」。内証は火の車の貧しい旗本の家の長女で、御目見得の身分ではあるが、その部署の長になる以上の出世はかなわない、いわば専門職…