ぴょん記

上古文学、外国語、数学、調理、編みもの、縫いもの、競争法

2020-05-13から1日間の記事一覧

『福袋』

朝井まかてさんの短編集。大御所家斉の時代から、老中水野氏による天保の改革のあたりまでの江戸の庶民の哀歓を活写したもの、なのだけど。まず、最初の作品の初っぱなで、時空というか視点の置き場所が定まらずに弾みでまんまとタイムスリップさせられる。…