ぴょん記

大根のおいしい季節ですね。

2021-07-14から1日間の記事一覧

殴る道具としての「育ち」

以前にも書いたことがあるが、堺屋太一『峠の群像』では、吉良上野介義央は、高家筆頭の地位に就くまで、若いころから席の温まる暇とてないほど人と人の間を走り回って働いた、典型的なソーシャルクライマーとして描かれている。彼の職掌柄、決まりごとを伝…