ぴょん記

上古文学、外国語、数学、調理、編みもの、縫いもの、競争法

Leben

終活

のこりの時間が区切られてしまうと、もの惜しみする気持ちが強くなり、もとよりたいしてもっていなかった熟慮する習慣というものからさらに遠く離れるようになった。 院外での通常の暮らしを振り返って、あれが食べたいこれが食べたいと仰る他の入院患者さん…

きょうもありがとう

土曜日だったので、いつもはなるべく早めに家に帰すべくつとめる家族と、昼食後のコーヒーを一緒にのんだ。 いろんなひとに、そろそろ銀杏の見頃も終わりといわれて写真の一枚も撮っておくべきかと思いつつ、外気の冷たさに真昼であったのに早々に中に引っ込…

鴇色の彼女

※ 現在、Twitter 及び はてなブログでの更新報告を停止しています。 ふだんは、病院で見聞きした具体的なことは書かないのだけど。 ベッドに横たわり、あと数回の予定の夜の点滴(来週から、この薬剤が経口投与になればほんとうに体の負担が軽くなる。)を受…

疎まれても生きる

ばちあたりを覚悟の上で書かせてもらうと、二十歳前後から、自分には、フルタイムで働くことは無理なんじゃないかという気がしていた。身体より先に、こころのほうが壊れるような予感がして、きついきつい状態に陥るのを恐れる気持ちが強かった。 ところで、…

ブログ名を変更します

もう気負うことなく、病篤く無力な身の上であることを受け容れよう、と。前2回の入院時は、携帯電話やiPad mini のカメラで、いろんなものを撮影してはFotolifeに放り込んでいたものだけど、今回はそういう気にもならない。 一旦入院してしまえば、その先、…

ただ、書きたいだけ

『エンピツ』 『エンピツ』 よくよくみれば、enpitu さんという、老舗のテキストサイトは現存していて、そこでネット由来のうさぎさんの友人が、つまり、ネットでお友だちになったうさぎさんと暮らしている方が、いまでも文章を綴ってらっしゃる。プレーンで…

手帳ものがたり

追加で購入した2GB 2500円のパケットが、予想したよりも早くなくなりそうだ。だから、ルーターの電源を落として、PCともiPad miniとも自動接続しないようにしている。したがって、ツイッターやはてなハイクを覗く頻度は落ちる。 すると、どうしてもオフ…

病気のほかのことも考えよう

このブログを訪れてくださって、ありがとうございます。 今日、申し上げたいことは、上の一行にて尽きてしまいます。とはいえ、せっかくですから、敷衍とまでいわずとも、午後、考えたことを少しだけ広げてみるとしましょうか。 春先に退院してからずっと、…

血糖値というアレのはなし

ひとことでいえば、業腹である。 目下、わたしは、かなりきつい免疫抑制剤を多種類服用する治療を行っている。正確な病名を明かさないのは、わたし個人の特定を避けるためというよりは、その病名を検索語としてこのブログを訪れたひとが、このブログに含まれ…

興味の対象はどんどん移せ

日記 - grshbの日記 日記 - grshbの日記 表題「興味の対象はどんどん移せ」:なぜなら、個人に与えられた時間は有限で、いったい何に没入することで、よりよい人生を過ごせるかは、本人はもとより、親や身近な人にもわからないから。 それはそれとして。 わ…

はてな、やめませんか

はてな、必要ですか。 「さるさる日記」のような簡便なブログを書くだけのサービスでいいのです。 タイトルの、「はてな、やめませんか」は、自分ひとりで、「はてな、やめます」と書いたり、あるいは、黙って消えたりするつもりはないという意思表示です。 …

泣いたり呻いたりすること

家風と大袈裟にいうより、家族の空気についてのことではあろうが、このところ、ちょっとした異文化体験をした。 幼時、わたしの実家では、誰かが5分以上人前で継続して泣いていることは、たえてなかった。父が泣いてどうにかなるかと甘えるなと叱り、来客な…

カツカレー

今週のお題「我が家のご馳走」:それは、もちろん、カツカレー! 先年から、わたしは、なんだか体の具合が悪い。自宅から離れた病院に収容されては、感染防止や経過観察を理由に長らく留め置かれたりする。 自宅が恋しい。自宅で、どんどん具合が悪くなって…

入院した

わたしがこのブログで主病名をきちんと書かないのには理由があって、ひとつには症状の顕れかたに個体差が大きく、読み手に誤ったメッセージを伝えかねないからだ。それはときとして、とても大きな危険をもたらす。特定の人間の体に関することは、個別具体的…

ねたりおきたり(承前)

筋肉がとろける病を患っているので、そのとろけぐあいを示す数値が少々上がると外に出掛けることに消極的になる。なぜなら、とろける数値は、足腰を動かすと上昇するという仕組みになっているからである。病気と外出による運動、この2方面からとろける数値…

寝たり起きたり

3日の金曜日は、午前中、聴講に出掛けて、午後は台風18号による雨に備えて洗濯ものどっさり。その日のブログは、タブレットでリビングから打ち込んだものだけど、「はてなブログ」のAppの仕組みがいまひとつ呑み込めていないので、よくわからないまま送信…

気絶の昨日

たくさん処方されている薬の副反応なのかしらん、2日は、起きている時間が、正味3時間ほどだった。

脇腹は痛いまま

帯状疱疹の後遺症らしき神経痛について、あらたにビタミンB12製剤が処方されました。これは一般的に、傷ついた神経の修復を促す作用があるらしいのですが、自分で分かる程度に効けばうれしいです。 ところで、過去2回、わたしの具合が悪くなってキャンセ…

照る日も降る日も

めだかはあいかわらず狭い鉢のなかを元気にぐるぐる回遊しているし、終わりかけとみえた朝顔は、とくに大輪の和種を中心に毎朝5輪から7輪はコンスタントに咲いてみせている。そして、たまには、夕顔が蔓を伸ばした思いがけない先で大きな白い花びらを拡げ…

これがあの神経痛

例の帯状疱疹の後遺症か、それともあらたな病にみまわれたかは定かではないものの、とにかく右脇腹の表面だか内部だか、そのあたりがきりきり痛い。 先週の金曜、皮膚科の診察を受けたとき、じゃあ次の診察は3週間後と云われて、朝夕の神経系の痛み止め各1…

9月のはじめをやり直し

今日の東京東部は、よく晴れて、最高気温も昨日より4℃ほど高いという予報。ところが、4℃の差で収まるかどうか、すでに怪しく、それでも晴天に機嫌をよくして、ときおり予測できない方向に攣れるハラの皮を引き摺りながら、洗濯ものを干した。 めだか鉢Bの…

長い日記を書いてみよう

このブログの1エントリあたりの文字数は、少ない。だからといって、ことばを慎重に撰んで文章を綴るわけでもなく、心に浮かんだことばを鉛筆でがりがりと書き付けている感じ。それでも今日は朔日でもあることだし、寝不足ながら仕事で終日机の前にいるわけ…

病中多感

いま治療中の病気を見つけてくれた大学病院から別の大学病院に転院した。主科だけでなく、ほかの科も移ることになって、昨日も、自分の身体内部のデータの詰まったCD-Rかなにかをもって、新しい病院の総合受付のあたりをうろうろした。ところで、主科の初診…

蒔かぬ種は

7月下旬に承服しがたいオファーを提示されて、身体の不調とともにその申出の回避策を考えているうちに、帯状疱疹の症状がはっきりとあらわれて、それに伴って問題のオファーそのものも立ち消えとなった。ふだんのたくさんのくすりに加えて、帯状疱疹のくす…

ぺんぎん、くじら、かめが待っています

おむすびたくさんこしらえた女子マネージャーのこと、傷つけることのないようにお願いしたいものです。— ぴょん (@ae_pyonpyon21_j) 2014, 8月 13 火曜は、帯状疱疹の経過を見てもらいに川向こうの大きな医療センターに朝から出向いた。のみぐすりが劇的に効…

晩夏のはじめ

西洋種の朝顔が賑やかに咲きそろう朝をいくつか迎えたあと、大輪の和種がぼつぼつと花開くようになる。台風が日本海側に抜けた翌朝の大風の中で、二つの大きな朝顔がふわりふわりと舞っていた。 月曜日は、午前中に大学病院で検査と診察。帯状疱疹は別の病院…

弱っていました

背中をへんな方向に捻ったのではないかと二三日様子をみていたら、痛みは日毎に増すし、その痛みもなんだか経験したことのないものだし、ということで困惑頻り。途中を大幅に略すと、3つめの医療機関で帯状疱疹という診断を受け、のみぐすりとぬりぐすりの…

今朝も暑いです

額から汗が噴き出します。もっとも、5時半過ぎの朝日の差し込む台所で、熟したトマトを湯剥きにしてダイスに切り、にんにくのきいたドレッシングで和えて朝食用に冷蔵庫に入れておくという作業を地道に行っている自分のせいなのですが。 こどもも儲けず、目…

町には出てみるものの

今週は、月曜日の朝の通院から始まって、なにか気絶している間に時間が過ぎていった。月曜日、大手町駅で地下鉄を乗り換えて病院最寄り駅の一つに降り立ったものの、十分な時間があったがために、そこから池之端を歩いて病院まで着ける、と思ったのが間違い…

すみません、ありがとうございます

昨日のエントリで、要旨:疑われたくなかったから早めに手を打ったけどあとから叱られた、と書いたところ、更新通知を出しているはてなハイクのほうで何人かの方に慰めやアドバイスをいただきました。思いがけないことで、たいへんかたじけなく存じました。…