ぴょん記

食べる、遊ぶ、学ぶ。

どうしたどうした日本郵便

 去る21日金曜日、わたしは、「ほぼ日ストア」で、買い物をしました。

 そして、日本郵便は、25日火曜日21時過ぎに、その買い物をゆうパックにて、27日木曜日16時から18時の時間指定で届けるとメールで知らせてきました。(1)

 ところが、日本郵便は、26日水曜日17時過ぎに、同日16時過ぎに上記ゆうパックを配達しようとしたが不在につき持ち帰ったとメールで知らせてきました。(2)

 また、日本郵便は、同日22時過ぎに、上記ゆうパックが配達局に到着したとメールで知らせてきました。(3)

 

 常体に戻して書くと、(1)の配達予告と(2)の配達は矛盾し、(3)にいたってはもはやこのようなメールを出す意味が分からない。(2)のメールの直後、再配達の手配を行っており、荷物が配達局にあることは承知しているからだ。

 アマゾンに代表される通信販売サイトを利用するにつき、配送に関する人的リソースが有限であることを昨年と今年、わたしたち消費者は痛いほど学ばざるを得なかった。日本郵便もまた、普通郵便の土曜配達を縮減する方向の経営判断を行ったという。それは構わない。信書や物品の配達配送に携わる人々が人間らしい生活を取り戻せるよう、労働環境がよりよいものになるならば、多少の不便は堪え忍ぼう。

 とはいうものの、今回の日本郵便からのメールには惑わされた。26日の配達と27日の再配達、これって防げる無駄なのではないかしら。

f:id:e_pyonpyon21:20181222150343j:plain

チキンラーメンも鍋で1分煮る