ぴょん記

食べる、遊ぶ、学ぶ。

食べ過ぎている、特に餅の分は

 土曜日に、金曜日の夜に仕込んでおいたフレンチトーストを焼いて食べたあたりから胃が元気になった。善哉。刺身。次の朝は、パンを2枚ずつ焼いて餡バタートーストという、「炭水化物、蛋白質、脂肪」の三大栄養素が十分すぎるほど摂れるものを食べた。引き続き、土鍋でとろとろに煮込むチキンカレーの用意をして、昼に食べて、夜は夜で、餡餅1コと、佐藤水産の「さざ波漬け」と「蝦夷塩引き」という、鮭の切り身を焼いたりして。塩引きや山漬けは、塩辛くてとてもひとり一切れは食べられない。お茶漬けにしたり、4分の1切れだけ食べることにしたりして、その鹹さをたのしむ。鮭の身の豊穣と、塩の簡素さ。絶妙な取り合わせだと思う。

 とはいうものの、今朝の餡バター1枚、昼のカキフライとロースカツ定食、夜のカレーうどんに、そのあとの餅入りぜんざいと、胃がフル回転で働いている。

 

3月のライオン 15 (ヤングアニマルコミックス)

3月のライオン 15 (ヤングアニマルコミックス)

 

  あかりねえさんのポテトサラダほどではないけれど、牛乳たっぷり混ぜ込むレシピも世に有名らしいですね。