ぴょん記

食べる、遊ぶ、学ぶ。

雨降り週末

 食欲が明後日の方向へ去って束の間、頭を留守にすることがたまに起こって、そうなると、わたしのぶんの主菜が大量に残ってしまう。それを午後中かけてカレーにして、乾麺のうどんを茹でて素うどんにしたのに掛けた。カレーうどんといえばカレーうどんといえるかもしれないけど、カレーは和風だし抜きのふつうのカレーで、素うどんにする際ににんべんの麺つゆを温め直しの熱湯で割って加えたぐらいの簡単な味だ。ちなみに、にんべんの麺つゆはおいしいけれども、ラベルに書いてあるよりもずっと薄めないとわたしにはしおからく感じられるときがある。

 COVID-19に関する東京都の感染確認者数が4日連続で50人を下回ったそうで、これが希望の抱ける事象の一端なのかそれとも長期休暇のもたらした一時的な数字なのかまだわからない。わからない以上は、極力慎重に過ごすつもりで、それは、わたしが、菌やウイルスを受け取る能力にかけては残念ながらかなり高い、たとえていえば、粘着テープでもかなり強力なもののように、人体に不都合なものを集める状態であるからだ。自分がなにかに罹ってそれを勤めにいく家族にうつしてしまうかもしれないし、うつさなくても搬送されて貴重な医療資源を削るかもしれない。いまは、だから、できるだけ控えめに。

 ほんとうに夜になってしまってから、ふと思いついて、セルフおかあちゃん感謝デーとして、エビスの青いほうの缶を開けた。