ぴょん記

もっと読みたい。もっと書きたい。

青梗菜の白い部分は縦に切る

 表題の通り、家庭内で伝言があったので、2把残っていた青梗菜を全てそのように処理して塩ゆでした。それに油を軽く切ったツナ缶と炒り胡麻を混ぜて、わたしはこれでもう食べられるけれど、塩気を若干加えたら、おかず一品になると思う。

 年度上半期の最後の日は、寝そびれた憾みを抱いて一旦午睡して、また宵寝して過ぎた。このごろ手書き日記2冊は、朝食後、薬をのむ前に記載するようにしているが、天気の次に書いておくジョンズホプキンス大学の公表するCOVID-19に関する死者数が、昨日の時点で100万人を超えた。都内でも、あいかわらず1日200人前後の新規感染者の発生が報告されており、ひとりひとりの感染者にとっては、「発生」などという客観的な表現では済ませられない深刻な事態であるだけに、ありていにいえば心配で憂鬱である。

 

サターンリターン(4) (ビッグコミックス)

サターンリターン(4) (ビッグコミックス)

 

  あの『おはようおかえり』から、作家も、読み手のあたしたちも、ずいぶん遠いところにきてしまったね。