ぴょん記

食べる、遊ぶ、学ぶ。

ずっと働く水曜日

 朝からずっと机に向かっていて、自分の昼食は、なまの食パン2枚とお豆腐汁の残りで済ませた。それから鍋2つをきれいに洗って、琺瑯のほうで鶏とエリンギの入ったシチューを炊き始めた。鶏のもも肉が熱と塩気でほろほろと崩れてしまったのがわたしの好物なので、ほんとうはもっと大きい鍋でもも肉を2、3枚ぶつ切りにしたのを最低半日は煮込みたいくらいだけど、これはふだんの日の晩の主菜じゃて。

 とりあえずは、よく働いた。

 よく働くということは、わたしにとって、目をよくつかうということとほぼ同義なので、また長い宵寝。もちろん夜も深く眠った。

f:id:e_pyonpyon21:20201008083659j:plain

みかんが出回る時期になりました