ぴょん記

上古文学、外国語、数学、調理、編みもの、縫いもの、競争法

タイトル付きの日記っていいかもしれない

 池辺葵さんの『ブランチライン』の、掲載誌最新号の連載回で、四姉妹の四番目の弐衣の高校時代の日記が出てきた。内容自体はとても深刻で、作中では29歳の、とてもしっかりした社会人である彼女にも、いろんな時間があったのだと示唆するものだった。ただ、日記に、一日一日タイトルが付されたスタイルがわたしには新鮮だった。このブログにはタイトルを書いているけど、ほぼ日手帳の日記には、タイトルを付けたこともない。