ぴょん記

もっと読みたい。もっと書きたい。

極細麺で、どんどん延びる

 同じ秤量なら、麺の断面積が小さければ小さいほど麺の本数は増え、表面積も飛躍的に大きくなるだろうから、当たり前のことなんだろうけど、ゆうべ、家族の者の替え玉を用意するのに3分ほど自分のラーメンの1杯目を放置していたら、たしか半分ぐらいは食べていたはずなのに、見掛けの麺の嵩がもとに戻っていた。札幌菊水の中華麺にしようとして、マルチャンの極細麺をこの日は選んだのだった。

 

 

 朝食 パン、バナナ、コーヒー

 昼食 なし

 夕食 豆ごはん、豚の角煮、半熟卵、きゅうり、ウィンナー炒め、卵焼き

 

 しばらくの間、予約投稿かさもなくば後日日記で。