ぴょん記

りんご、いただきました。

シャケやや値上がり、石鹸はもはや

 年末なので少々買いものをしてみる。ふるさとに送ったシャケの姿切は、昨年とほぼ同じ価格だったが、同じ会社のサイトで自宅の越年用に買った切り身やルイベなどの加工品は何パーセントずつか値上がりをしていた。

 ツイッターのアカウントは残してインスタグラムなどでの広報活動をやめると宣言したLUSHの石鹸は、このごろ日本の民としては高く感じることが増えた。原料にもよるのだが、高いものになると100gで千幾らするものもある。エシカルな調達による原料の正常な値上がりという要素のほかに、このささやかな騰貴は日本の民の購買力が世界的にはずるずると年々歳々弱くなっていっていることの証左じゃなかろうかと疑う。それよりなにより、半年くらい買いものしないでいた間に、LUSHのわたしのアカウント、消えていたではないか。しぶしぶアカウントを取り直して、石鹸を3個だけ買った。

f:id:e_pyonpyon21:20211213152444j:plain

ウクライナの花」買ってしまった。