ぴょん記

食べる、遊ぶ、学ぶ。

昼に夕食のための牛丼の具を煮た日

 

 これが食べたいとリクエストされたクラシルさんの牛丼レシピ。はじめに、ざく切りの玉ねぎを油が馴染む程度までフライパンで炒める。詳しくは、レシピを参照してほしい。

www.kurashiru.com

 熱と浸透圧でもって牛肉を攻めていく調理で、火を使うのは、玉ねぎを炒めて、調味料類と水を煮立てて、牛肉を加えてあくをとっていく間のほんの20分弱だった。これは数時間寝かせてから再加熱して食べるとおいしいパターンだと思ったので、昼下がりにフライパンいっぱいに作っておいて夜に食べた。久しぶりにご飯をいっぱい掻き込んだ。

 ……七味、掛け忘れた。