ぴょん記

こつこつ憶える

ゴシップ好き

 先週のいつかの昼間、テレビでスコセッシの『エイジ・オブ・イノセンス』を放送していた。ウィノナ・ライダーの清純さと、ミッシェル・ファイファーの艶なる色香に翻弄される若い弁護士の話だ。彼の母親と妹はニューヨークの名家の人として、それなりの格式を維持した暮らしの中でひっそりと生きているのだが、実はとてもとてもゴシップ好きで、噂を吹聴する名士を夕食に招いては、自分たちは安全なエリアに立ったまま、「あら」「まあ」「いやだわ」「なんてことでしょう」「道徳に悖るわ」と柳眉を曇らせることを専らとする。

 おいしいワインで金棒引きの舌を滑らかにして人の噂を聞き出すことこそしないが(だって、現代には頼まれなくとも、喋りたい、知らせたい人や会社が溢れているから)、わたしも、ごく限られた狭い方面にむけてではあるが、いったんゴシップ脳が発動し、たぶん扁桃体のあたりが活発に蠢き出すとなかなか止まらないようにできている。その嗜好がどのくらい限定的かというと、親戚とか、同級生とか、職場周りとか、ふつうの芸能の人の、惚れた腫れたくっついた離れた、ぐらいじゃ駄目。先々週は、室町時代の後期に、ある摂家の家令であった半家の公卿があるじ父子に殺害されるという事件(1496年)を日本版ウィキペディアで読んであらあらあらと思った。摂家の財政危機に関わるトラブルからそのような事件に発展したようだが、要は家令でもありいとこでもある唐橋在数が、主人の九条家に銭を貸していて、その返済について揉めたというはなしらしい。その九条家の子のほうの15代当主尚経の次代が殖通で、この人が、大和和紀『イシュタルの娘』で、小野御通に諸々の教養を授けた「九条の御所さん」なのだろう。

 とはいえ、もちろん、現代を生きている人にもまったく興味が湧かないといわけでもない。

 

 

 

 

月曜の朝に配信されたもの

 先週の日曜に作った鶏のカレーが辛くてぜんぶ平らげるまで5日かかった。今回は、豚バラ肉で、カレールーに添付された煮込みスパイスと、あとで油で炒って足した市販のスパイスを抜いて調理してみた。その結果、幾分辛みは残ったものの、わりと食べやすい感じに仕上がった。とはいうものの、昨日は自分の胃は休止中で3匙くらいしか食べられなかった。

 

 

 

  「逃げ恥」の原作最終巻では、主人公の「みくり」の伯母「百合」の恋愛のその後を丹念に描かれている。お伽話や神話のように美しい描写だが、世の中には、百合さんとその25歳下の恋人である風間さんのあいだにあるようなやさしい結びつきが現実に存在することをわたしはしっている。

 『アレンとドラン』は、田舎から大学に通うために東京にきた娘と、その壁の薄いアパートの隣人でもある一学年上の青年とのあれこれ。『GO!ヒロミGO!』の1巻発売から16年半がすぎて、物慣れない地方出身の若い女性が行きつ戻りついろんなものに親しんでいくテンポのよい物語の運びはいまだ健在だ。この巻では、「イナメナイ」がとくに面白く感じられた。

6年目のきょう

 10日の東京大空襲と、11日の東日本大震災と、慰霊の日は続く。

 昼前に電車に乗って出掛ける。無印良品で、封筒や櫛など、小さいものの買いものをしたかったが、そのうちのいくつかはネットショップでは品切れだったので実店舗に行こうと思ったので。尤もそのうちたいていのものは近所のワンコインショップやコンビニエンスストアで見つかる。わたしだって、男性の少なからぬ一部と、そして女性もいくらかの人が無印良品について揶揄する、諷するような態度を隠さないことをしっているけれども。出た学校の生協食堂の巻繊饂飩とは縁が切れても、無印良品のラインマーカーはファミリーマートに行けばたいてい買えるんだから、どうか大目にみてほしい。そうしたら、きのうから無印良品週間で、1割引で買いものができたので、キッチンペーパーも買った。洗った皿の水気を切ったあと、皿を拭くのに紙を使って、シンクを拭き上げて捨てるので一日に何枚かは使うので。

f:id:e_pyonpyon21:20170311132342j:plain

 くら寿司というチェーンストアに初めて寄った。レーン上のカバーのかかったお皿の取り方とか、お皿をテーブルについたシューターに入れるやりかたとか、2枚一緒にバンドルされているお皿を解体する手順とか、いろいろ目新しかった。魚の新鮮さと価格にも驚いた。

きれいに離れる

 きのうツイッターを読んでいる間に気づいたことだけど、ある人とわたしとの間の引き戸が徐々に閉じられていって、それはほんとうにゆっくりとだったけどけっして開ける方向には動かず、相手が巧者だったのかそれともわたしが鈍かったのか、とにかくこのへんでその動きをとどめようとなにごとかしたとしても、もとのちかしさに戻ることはないのである。

 なにもその人とばかりはかぎらない。いったんは近づいていたものがやがて遠ざかっていくのか、それともはじめからその人とはさして近くもなかったのか、縁ということばで、はたしてなにもかも説明できるものなのだろうか。

 とりあえず、手が攣って年賀状の返信としての寒中見舞を出せなかった分の花便り、今年は書いておこうと思う。

 

 2015年に出たものの続編。月刊「&Premium」に連載された。

 

東京国立博物館 - コレクション 名品ギャラリー 館蔵品一覧 焔(ほのお) 

春のパン祭りにおもう(違

 きのう、年下の知人と、どうしたら売上高ふやせますかね?という話をした。かれが売りたい商品は食料品でものはよいもの、だけどいかんせん価格がやや高め、どのくらいかというと、日常の必需品よりは少し上で、贅沢品というにはややポピュラーという程度。たとえば、ひとくち羊羹でいうと、ヤマザキの「煉」と虎屋「夜の梅」の中間にある成田の米屋の羊羹ぐらいのところにある価格帯の商品。「おいしいですよ」「身体にやさしいですよ」で押していくにも限界があるやろうしなあ、と、わたし。ヤマザキ「煉」だって、十分おいしいし、身体にきついことはない。ついでに書いておくと、なにも目下春のパン祭りだからというわけでもないけど、ヤマザキのロイヤルブレッドの品質は、こんなおいしいパンが一袋148円で買えるなんてと凋んだりといえども日本の国力の強さをいやらしいまでに感じさせてくれる。デパートで買う、中ぐらいの大きさで300円するハードタイプのパンを仕事をしながらがつがつおいしく囓ることもあるけれど、148円で延べ4人が朝の空腹を満たせるヤマザキのロイヤルブレッドも十分おいしい。それはさておき、「おいしい」「身体にやさしい」だけで売るには限界があるとしたら、売る人と買う人の間の関係性をたのしく豊かで太いものにするのもひとつの手かもしれない。わたしは2時間いくらの自分の労働力を継続的に買い続けてもらうために、かなりしょうもない素の自分を隠さずみせるというのを若いころ心がけてきた。センセイはいい年をして、しかも主婦でもあるのに、大人っぽいボロネーゼよりべったべたのナポリタンのほうがお好きなんですねえと通い先のひとつのおばあさまがスパゲッティをたくさん食べさせてくださった。もしかしたらなにかの都合で、教えたり教えられたりお金いただいたりお金払ったりする関係は今回で終わるかもしれない。でも、きょうのわたしのこの時間はあなたがたに買い切られたものであるから、心をこめてお相手します、と、教科の知識のほかは、わたしにはその心構えしかなかった。とはいうものの、相手との関係性でモノを売るというのは、いわば信頼について語ることで、それはいまのわたしにはできないので、せめてたったいま思い出したように、これおいしかったのよ試してみてと、そばにあった自分の好物をそっとお裾分けするにとどめた。

f:id:e_pyonpyon21:20170306135727j:plain

東京メトロ銀座線上野駅のパンダさんドア。)

 

うらやましさ

 流れてきたうわさのようなものによると、誰かがネットに「報告」した消費行動や収益のだいたいの総和などから、ご当人や家族の懐具合を探る動きがあるという。わたしはフェイスブックをまったくみないし、インスタグラムにもほぼ動物の写真しか表示されないので、妬心を掻き立てられるような投稿というものにそもそも触れない。ましてや慎みをかなぐり捨ててつとめて探索したくなるような、そんな羨望の対象となる他人の消費というものを個別に認識することはほぼないといってよいだろう。

 世の中に見事な金の遣いかたと、えげつないそれがあるとして、お金に色のついているでなし、自分に関わることでなければ、犯罪に関するものでない限り、黙ってみているほうがよい。とはいうものの、自分がそのモノを得て嬉しいと思うだけでは物足りず、得た事実をネットで「報告」して、「承認」を集めたい、それもなるべく広くたくさん、という心理が現代の商いを動かしていることも一面の真実である。他人の欲望を欲望すること抜きには、贅沢品も、ちょっと気の利いた大量生産品も売れない。売り手と買い手は客観的に共謀している。きょうび、買い手の側には、自分の好みで自分の金を遣い、こんなすてきなものを手に入れたのよ、と、むしろ誇らかに披露する気持ちが財布の中身を忖度されたくないという思いに優ることもあるかもしれない。

 そんな中でわたしがほしいものはなにかと問われれば、病の身とてすなわち健やかな血肉であろうと思われるだろうが、なんだかそれはもう無理そうなので思い煩うことの少ないあたまをウィッシュリストの第一に書いておくとしましょうか。

 それにしても、7日の特に午後は寒かったこと。

 

f:id:e_pyonpyon21:20170215111143j:plain