ぴょん記

5月のエアポケット

2019-01-01から1年間の記事一覧

祝儀袋に現金封筒

年が明けてしばらく経った頃、先方に届けばよいと思っていたお祝いが、もう少し早めに着いたほうがいいと判明したのが土曜日。30日月曜は平日なので、同日の午前中に近所の小さい郵便局に持ち込めばいいと考えていたが、世は年末。その局は、28日土曜から年…

食べ過ぎている、特に餅の分は

土曜日に、金曜日の夜に仕込んでおいたフレンチトーストを焼いて食べたあたりから胃が元気になった。善哉。刺身。次の朝は、パンを2枚ずつ焼いて餡バタートーストという、「炭水化物、蛋白質、脂肪」の三大栄養素が十分すぎるほど摂れるものを食べた。引き続…

『歪んだ波紋』

淡々と、横浜の地方紙記者の日常を点描するようにして、ものがたりは始まる。亡父は全国紙の記者、大学からの友人も同じ経歴を経ていまはネットニュースを主宰しているけれども、主人公は地域の人々の生活に寄り添うべく、小さな事故、事件の報道も丁寧さを…

年末がやってきた

今年は、10月に引き続き12月にも田舎に帰ったせいで、時差ぼけのような脳震盪のような感じで自分が頼りにならず、クリスマスも特になにもせず、年末の買いものはほとんどネットで済ませた。 きのうは、銀のさらで鮨のデリバリーを頼んだ。早くも年末年始のメ…

映画観て毛糸編んでくたびれる

ついでに、2日連続で、お昼に、玄米餅2コと、丸餅1コを焼いて、熱湯に浸け、砂糖の入った黄な粉をまぶして食べた。頭だけならいいけれど、情をもつかいすぎて、その場でぐるぐる回って倒れてしまう人のようになった。わたしは、少しは優しいところもあるかも…

ボクシングデー

きのうは映画を観ながら、セーターの虫食いを繕ったり、ネックウォーマーを編み進めたりしていた。セーターは、ユニクロでよく買うメリノウールのが、紺だったりチャコールだったりするので、ちょうどそういう色の毛糸の端切れが数十センチずつ残っているの…

映画を4本観た日

ただし、アマゾンプライムで。しかも、自分の机の上のノートPCで視聴するのだから、当然、手には編み物。 『悪と仮面のルール』は、中村文則の原作を2014年の初夏に読んだ。救いようのない父とか異母兄とか出てきて、主人公は、少年時代の、唯一清らかな思い…

世はなべてクリスマスイブ

前にも書いた、わたしの母方の祖父母の曾孫としては遅くに生まれた女児は、多くは夕方に電話を掛けてきて、それでもこのごろなかなか達者に喋る。わたしは、彼女の祖母といってもおかしくない年頃だけど、ふつうのときの声がみぃみぃしているので、向こうは…

酒と食事と仕事と情事

放送局の記者に対して、記者志望だった現ジャーナリストの女性が不法行為に基づく損害賠償請求をした訴訟の第一審判決については、数日前に触れた。わたしは、真実が藪の中であろうと、裁判所で認定された事実に、不法行為の成立を根拠付けるものがあるなら…

陰の極まる日に

きのうは、昼に軽い根菜のカレー、夜に牛肉と葱とトマトの炒飯を作って食べて片付けて、その合間に餅を焼いて熱湯に浸けて甘くした黄な粉をまぶして食べた。 だから、消化に時間がかかって、宵寝して、23時からWOWOWで放送の「BULL3 」というドラマも半分し…

浮世絵というもの

テーマを決めた美術展や、ドイツなどによくある絵画館を見て回るときにいつも思うのは、こうした美術品が、「いま」「このように」壁に、あるいは囲いの中に展示されているのは、品々にとっては不自然なことではないかということだ。人工の美術品を眺めてい…

大浮世絵展へ

朝から、両国の江戸東京博物館で開催されている大浮世絵展にいってきた。東京会場の会期は、2020年1月19日までで、このあと、福岡市美術館で1月28日から3月22日まで、愛知県美術館では、4月3日から5月31日まで開催される。 同じ展示会場でも、歌麿、写楽、北…

胃で片付ける木曜日

月曜、土鍋でクリームシチューを拵えて、当日はともかく、翌朝以降は温め直して水や牛乳を足して、食べたり食べなかったり、気温が低いのをいいことになんと木曜日まで持ち越した。もうわたししか食べないので、途中で鶏塩だしの小鍋の青菜や豆腐の崩れたの…

お風呂でさっぱり水曜日

いつもは、易感染性の高さから、わたしは、真冬でもシャワーを浴びて終わらせている。ところが、先日、温泉に浸かってしまって、その心地よさが忘れられず、きょうは自宅の浴槽に短時間だけど身体を沈めてみた。なにも溶かさない新湯だったけれど、それでも…

雨降り火曜日

先週は、水曜日の午前中に出掛けるにもかかわらず、火曜日の午後になってやっと荷物の準備を始めたのだなあと思い返したり。処方薬の切り分けのような細かい作業は、出立の数日前にぼちぼち済ませておいて、出発前夜に荷物を一気に鞄に詰めるのがこのごろの…

山の中の小さな温泉

温泉名を明示すると、あるいは迷惑を掛ける飲食業者さんもいるかもしれないので、わざとぼかして書く。 その温泉は、泉質がよい。今年は特に、別府や道後、湯田といった、西日本でも有名な、又はまあまあ有名な温泉に行きがかり上、じゃぼじゃぼ浸かっている…

選択的逃避

昨夜、真夜中に帰宅したので、朝は7時過ぎまで寝ていた。衣類を洗濯したり、ブログをまとめて書いたり。ほぼ日手帳のオリジナルの日記から書き始めると、主観的な内容に傾きがちになるので、幾分まろやかな記述で通しているブログのほうを先にした。ほかに、…

さよなら九州

東京に戻る日がきた。昼まで分けていただいた海鮮をつかったカレーを煮たり、昼からも蜜柑たべたりコーヒー飲んだりしながら、ゆっくり実家を出た。時刻は、もうほぼ夕方。 JRの特急で県庁所在地を通り越して湾のほうまで出て、そこから一部高速道を走行する…

湯治場へ行った

夜のうちに、宴会でつかった食器やグラスを洗っておいたので、朝はほどほどの時刻に家を出て、自宅から北の方角にある湯治場へ行くことができた。自宅の近所にも自然泉の温浴施設があるけれど、目指す湯治場はやや強めの炭酸泉で、実家に泊まったときしか行…

パーリィパーリィパーリィ

今回は、挨拶回り3件と、夕食会の調理が、旅行の主な目的。つまり、宿泊先は山の実家で、台所にはわたしとも馴染み深い調理器具が犇めいているけれど、もう何年かぶりなので、いろいろ忘れた。ともかく、北海道の佐藤水産と伊勢の若松屋からそれぞれ送ってい…

九州への旅

とてもお財布にやさしいLCCで西の方角へ。出発は、成田空港第3ターミナルから。第2ターミナルの京成の駅まではわりとするすると着くけれども、構内連絡バスで第3ターミナルに着いて、手荷物検査場の人間を密集させすぎる列に並ぶあたりから、途端にハードモ…

思う通りに運ばぬことども

牛の胃スヌードで糸をチャコールに切り替えてまもなく、へんな具合に掬い目を拗らせて、編み地に目立つほどの穴が生じてしまった。それをなにを思ったか、緑の糸で綴じてみて、でも、やはり目立ちすぎて、周回ごとになんとかしなければという気持ちが募って…

月曜はぞくぞくする寒さだった

おでんを一旦終了して洗ったばかりの土鍋に、800mlほどお湯を沸かす。そこに固形ブイヨンを2個、顆粒コンソメを小さじ2ばかり溶かして、一口大にした玉葱、人参、水に晒して同様にカットしたじゃがいもを入れる。今回、たっぷりの鶏肉としばらく煮て、固形ル…

ウシの第n胃を編むかのような

誰のものになるとも定まらぬうちに、100gのOpal毛糸を編んでしまったので、続きは、同じOpal毛糸でも50gのチャコール単色にすることにした。 やや細めの人には腹巻にもなりそう わたしは、ショールもくびまきも、顎まで覆う巻物は好きだけど、帽子となるとほ…

熱が出た日曜日

洗濯ものを干してからなんだか寒気がすると思ったら、体温は37.7℃で、しょうがないからLをのんで寝ていた。ポカリスエットやアイスクリームを買ってこようかと家の者がいうので、のみものは湯冷ましに粗塩と砂糖を溶かしてレモンを搾ったので足りるし、アイ…

冷える日のたのしみ

金曜の夜に、「明日の東京、日中の外気温は、冷蔵庫を開けたときに感じる冷気と同じく、4℃です。」と、天気予報できいたので、これは好機と、土曜の朝起きてすぐにある企てを実行に移した。 それは、大きなプリンの制作。べつに盛夏でも、粗熱をとった器を冷…

『オーバーフェンス』『不能犯』

オーバー・フェンス 発売日: 2017/05/24 メディア: Prime Video 不能犯 発売日: 2018/07/13 メディア: Prime Video 『オーバーフェンス』は、函館の職業訓練校の建築科に集う、年齢も家庭環境も経歴もばらばらな男たちと(そういえば、女性の訓練生は映ってい…

『信長協奏曲』

アマゾンプライムで観た。小栗旬が、織田信長の影武者の三郎、そして、奥さんの帰蝶さんは、柴咲コウだ。しかも、市が水原希子で、両方、わたしの好きな女優さんなので嬉しかった。 映画『信長協奏曲 NOBUNAGA CONCERTO』 発売日: 2016/07/20 メディア: Prim…

角煮を仕込む

豚肩肉の700gぐらいのを買って冷蔵庫で寝かせておいたのがそろそろ頃合いになったので、しばらく塩豚にしておいて、シャトルシェフといういつもの保温鍋で角煮にしようかと。 五香粉と粗挽き胡椒多めで煮始めたけれど、実は、生姜の厚切りと紹興酒は途中参加…

『サターンリターン』2巻

直接の面識のない者も含めて、とにかく同性からその危うさを警戒される加治という名の作家。彼女が、5年前に文学賞を受けて以来、新作を発表することなく過ごしてきた日々の軌跡が明らかにされる第2巻が先日リリースされた。 彼女の夫との婚前のつきあい、そ…