ぴょん記

きょうからしばらく雨降る日々

歴史上の人物に対する感情移入~史実と文学・ドラマとの間

わたしの歴史や文学の基礎的素養の程度は、中学校の授業で止まっているので、大きな誤りをこれから書いてしまうおそれもあるけれど、『光る君へ』で、主人公ののちの紫式部である「まひろ」が、藤原宣孝の娘として産んだとされる大弐三位について、実は、幼…

また熱を出した

火曜の夜にまた発熱した。熱は、高いときで、38.6℃。 比較的よく働いた日に熱を出すのは、このごろよくあることなので、頭を冷やしながら早めに寝に就いた。ただし、いつもと違っていたのは、扁桃体かどこか脳内の特定の部分にまるで砂が入ったかのように、…

カレーライスと焼きそばを一緒に作るよ

宅の後期高齢者は、同居を開始する前こそ、「わたしは食べものの好き嫌いはないから、ごはんに何が出てきても大丈夫」と言っていたが、実は、胡椒を含めた香辛料だいたい駄目、肉類もそれほど好きではないし、揚げ物も駄目、麺類は積極的に嫌い、そして、ハ…

なぜ夜中に寒くなったのだろう

きのうは、年寄りに夕食を出したあと、大河ドラマの録画再生を観ながら外で調達した夕食をしたためる家族を見届け、歯を磨いて寝てしまった。昼にとんかつ弁当という重めなものを食べたので、一食抜いてもいいかと思ったのだ(しかし痩せるわけではない。)。…

九州山口で線状降水帯発生

先日、愛媛県松山市のお城の土が流れて三人もの方が亡くなったばかりなのに、また大雨で、心配なことです。 今朝、当地でも朝になってからけっこうな降りがあったようで、1時間に12ミリも降ると毎年のこととはいえ、山鉾のお守りの人は難儀なことだなと思い…

朝から焼豚づくり

きのう、好きなインスタントラーメンを買ってきておいてと家族に頼んでおいたので、今朝は、朝食の仕度と並行して、ラーメンに載せる具を作る作業。主なものは、焼豚。 ちなみに買ってこられたインスタント麺は、これです。 日清食品 これ絶対うまいやつ! 4…

スプレーしてx秒あとは流すだけで

惹句の通りに機能するかどうか、ときおりSNSでも話題にのぼるバスタブ洗浄剤。わたし自身は感染予防のためにバスタブに入るのは年に数回だけど、バスタブの掃除の係りなので、できるだけ安全で、清潔になって、しかも簡易に使える洗剤がうれしい。 バスタブ…

隔月で通うヒーリング含みのサービス

1回に掛かる費用が軽く5桁(単位:日本円)なので、わたし自身は利用しないけれど、後期高齢者が強く希望するために、2ヶ月に1度、そのサービスを予約してお店まで連れて行く。 朝から気温もなかなか高めで、しかし幸い雨は降っていなかったので、行きは人間…

夕方の雨で明らかに気温が下がる

やや長めの梅雨の晴れ間は、祇園祭を控えたみやこの人士に派手な照り返しを浴びせ、山一つ越えたところに住むわたしなどはさぞ暑かろうなとお気の毒に思う。 火曜日は、朝から雲が多めで、晴れ間もいったん終了して、これから梅雨末期のまとまった雨降りの時…

冷たく冷やした生野菜を少量食べます

今週のお題「冷たい食べ物」 夏でも、たとえばコーヒーならば原則は熱いままで、外に出てカフェにでも入ったときにはホットとアイスは半々ぐらいで注文する。冷たいものを口から摂って、身体を冷やすのを避けるというよりは、熱いほうを選びがちなのは単なる…

王位戦第一局/都知事選/なにのむ?

きのうは、名古屋市内の徳川園で行われた王位戦第一局2日目の中継を聴きつつ、調理をしたり洗濯物を畳んだりして一日を過ごした。20時に都知事選挙の投票が締め切られ、開票速報が始まると思えば、2年前まで東京都に住民票を置いていた者として、30パーセン…

すごく面白いのに途中で眠ってしまう

わたしの寝る部屋の脇には、ほかの住戸の住人も通る共用廊下がある。深夜、そこを通行するのは、ほんとうに数戸の、そしてまた数人しかいないのだが、時折興味深い呟きを個人で、あるいはおそらく夫妻相互で漏らすことがある。そのひとつが、「奥の棚のウィ…

甘唐辛子を刻んでスパゲッティに混ぜる

ふつうの獅子唐よりは大きく、しかし、万願寺唐辛子よりは短いタイプの甘唐辛子が1袋に35本以上詰められた袋がスーパーマーケットで130円くらいで買えた。毎年のように祇園祭の宵山のころ、六角通の南、烏丸通よりは西の宿に泊まっていたら、近くの八百屋で…

無闇矢鱈に外に出て干涸らびて

昨夕に取りかかった作業が今朝のうちに一段落したので、自転車で買い物に出た。先週の野菜ボックスの中身が、「キャベツ、ズッキーニ、赤玉葱」、今週のが、「セロリ、ベビーリーフ、モロヘイヤ」だったので、とくに葉物が厳しい。うちは、平日の食事の幾度…

『ニューアムステルダム』最終回

ニューヨーク市にあるアメリカ合衆国最古の公立病院に、ある日、新しい医療ディレクターが着任し、妊娠中の美しい妻とこれから新しい生活を営んでいこう、とする最初の回から数年。おそらくドラマ製作者と出演俳優らの誰もが予想していなかったCOVID-19のパ…

晴れて蒸してでも風があってありがたい

水曜木曜と、当地では晴れの予報が出た。雨に降り込められて、くたくたに弱った身体もなんとかなるかとの一縷の望みを抱いて、洗濯や炊事に励む。歯科に行く人、総合病院に行く人、いろいろあってごはんたべさせて送り出すのもまあまあ一仕事。 強めの風には…

空がずっと暗いとわかっていても

2日は、朝から晩までずっと雨。日曜あたりから胃の具合が思わしくなく、がんばってのんだ薬をあげてしまったりしていた。食事も取らないし、眠ることばかり考えている。思考も下向きである。でも、自分ではどうにもしない。 なにもできないまま、沈んでいっ…

胡瓜をピクルスに化けさせた

液肥が多めで、日当たりと給水が十分なのだろう、なぜかベランダではもっぱら胡瓜が大量かつ大型にできあがって台所を賑わせている。 とうとう生食(と炒め)では消費が追いつかず、クラシエさんのレシピに従ってピクルスにすることにした。胡瓜300gに対して…

ラベルの大切さを思い知った日

6月の5日に付けたパープルキング(南高種の梅の一種)のシロップとサワー、そろそろ味見をしてもいいころかと、数日前にサワーの炭酸割りを後期高齢者に、シロップの炭酸割りをその他の家族に出した、と思い込んでいた。 それは、夕食後のあたりのことで、暮…

午後から爽やかに晴れた

洗濯物を預かるよーと後期高齢者にいって、大きな洗濯ネットに入った洗い物を受け取った。うちの働き者の洗濯機に洗って絞り上げてもらって、南側のベランダに吊したピンチにどんどん止めていく。年寄りは、きれい好きだ。そして、下着の枚数が半端ではない…

大雨注意報の一日

気圧が低くてもそれほど身体に自覚症状が出る方ではないと思うのに、朝になっても雨のためにぼんやりと薄暗い気配が続いていると、人間を開店休業したくなる。 前日の酢飯の残りを稲荷揚げの中にどんどん詰め込んでいく。油揚げを切って開いて、湯通しして味…

雨がちの毎日に突入していった

今年は、このあたりの梅雨入りが平年よりもかなり遅い。あまりに長い間、気象台からのアナウンスがなかったので、「じつは梅雨が始まってそして終わっていた」と、8月の前になって報道されるパターンかとも疑っていたほどだった。 空はしくしく泣き出す前だ…

家族を病院に送り出して

きょうは年寄りの定期通院の日で、わたしが付き添うのは無理だったので、家族にお願いした。いまだに続く空咳の原因菌などわかるといいと思うけれども、どうみても第五類となれば原因を探すよりも症状を叩くことに重きが置かれるだろう。わたし自身もなぜこ…

スパゲティナポリタンを作ってもらった

中学のころ、田舎の国道沿いのドライブインの看板メニューのひとつが「ナポリタン」だった。半生の麺、ソーセージ、ピーマン、玉葱が強火で炒め付けられ、それにたまに店の裏手の畑からもいでこられた茄子や葱などが加えられて、最後にケチャップが多めに、…

少しだけ米粒を口にしてみる

夕食に、胡瓜と卵を炒めるレシピで家族が一品つくってくれたので、ごはんを30gほど食べてみた。足がまったく働かなくなって、台所での短時間の軽作業も覚束なくなってきたのでこれではさすがに危ないと思って。 薄めにスライスされて卵と炒め合わされた胡瓜…

胡瓜が逞しくしかも夥しく収穫されるものの

ふつうの直径が20ミリ、長さ180ミリ程度の胡瓜ならば、年中切らさず台所にほしい。薄くスライスして塩水に漬けて絞り、サラダにしてもよし和え物にしてもよし。このごろベランダで収穫されるのは、直径が40ミリ、長さ300ミリより大きい代物で、それも一度に2…

夏至も過ぎたと聞いてはおどろく

体温は、下がらない。熱が下がらない理由は、単に身体の中に入り込んだ菌だかウイルスだかが十分に暴れきっていないからというのがひとつ、もうひとつは、普段の炎症を抑えるためにのんでいる薬を(あげてしまうので)のめないからというのがひとつ。熱冷ま…

家中が同じ菌かウイルスに負けてしまった

喉に痛みが出て咳が出るのは共通。そのほかの、食欲の存否、発熱の有無、筋肉の痛みなどにはばらつきがあり、咳をしていないければ果たして同じ原因によるものなのか疑わしい。わたしの食欲は、まったくどこかへ行ったきりになって、そろそろ後期高齢者の朝…

鰻に始まって弁当やらピザやら

※ 2024/06/20から2024/06/26は、後日日記です。 この週の水曜の昼から熱のせいで動きがとれず、わたし以外の家族の昼食と夕食をしばらくデリバリーに頼ることになった。こういうときのためのふだんの節約だとは思うけど、概念上の千円札に羽根が生えてどんど…

熱が出るとどうしていくらでも眠れるのだろうか

同居の後期高齢者が発熱こそないのだが喉の痛みやくしゃみ鼻水を訴え始めてだいたい十日が過ぎた。近所のクリニックに連れて行くと、ごくわかりやすく「風邪ですね」ということで、痰を切る薬や抗生物質、アレルギー止めなど新たに5種類が処方された。こちら…